March 07, 2009

2号 ご近所・旧甲州街道 その1【09ご近所ツーリング】

2号があまりにご無沙汰でかわいそうなのと、春めいた陽気に誘われてちょっぴり走らせました。...この陽気では花粉症が心配されたものの、先日医者で処方してもらった薬が効いているようで、くすぶり程度で済み、助かりました。


自宅付近の梅はそろそろ終わりだけど
少し奥に入るとまだまだですね

2号のバイクカバーと毛布を取ると、バイク全体がうっすら黄色くなっています(黄砂?花粉?黒エンジンだから目立ちます)。軒下から2号を恐る恐る引っ張り出し、まず空気圧チェックすると、不思議なことにほとんど減っておらず、ザッと全体の掃除のみで準備完了。

始動は念のためチョークを引いて、幸いセル一発でした。いつもより少々長めの暖気を行い走り出すと腰痛は心配したほどでもなく、道路のギャップに気を付けていれば、まぁ大丈夫かな?レベルまで復活しているようです。もちろんタイヤの端っこを使うような走りは厳禁です。

まったりなら普通には走れるものの、いつ襲ってくるか分からない痛みへの恐怖感から、自然と腰をかばうような姿勢...中腰気味=ステップに立っているような感じ、と、ハンドルにしがみついて上体を支えるような腕の力み方をしてしまいます。ハンドルにしがみついてしまうのは良くないので、注意しつついつものご近所試乗ルートを1周。


いつものルートの折り返し地点手前
信号無し&交通量ほとんど無しの素敵な環境です

久しぶりの2号。のんびり走って、あまりに気持ちが良いので、以前から気になっていた横道に入ってみたり(これ当たりでした)、小さなマイナーなコンビニでおいなりさんを買って、景色を眺めながらモグモグいただいたり、お約束の記念写真を撮ってみたり。小一時間ほどのプチツーリングでしたが、とても楽しい一時となりました。


このへんで田んぼは珍しいかも
農業用水路が懐かしいなぁ?と1枚パチリ
流れる水がキラキラ模様を作っておりました


梅の花と記念写真
今はバイク移動が難儀なので構図はお構いなしです(笑)

帰宅後、腰痛の悪化は感じられず、これなら15日の山梨行きも大丈夫かな?と自信も出てきましたよ。&そろそろ春本番かな!

走行:27,598km
燃費:34.5km/L (321.4km/9.32L,108円/1L)

カリプソ 内部拝見とSP端子増締め【カリプソのこと3】


前回のオーディオ話「ながら聴き比べ」で、いつもお世話になっているひぃ〜さんからカリプソのプリ部は不思議ちゃんかも...ってお話しが出てブルブルしている昨日今日。

その前にプリ部の12AX7/ECC83管の銘柄を替えて音質変化を楽しめるアドバイスをいただき、どんな銘柄にしようかワクワク...の流れでちょろっと調べていたら「真空管にはエージングが必要」ってな新たなハードルが出現。これについてまた調べている最中?今回のブルブル祭りに。

替える真空管が一本だけでカリプソはリーズナブルに楽しめてよろしい♪な〜んて喜んでいたのもつかの間でした(笑)

これがあって(見ても分からないけど)内部を一度見てみたかったのと、もうひとつSP端子の片側と入力のCD用端子の2箇所がグラグラしているのが気になっていたから一石二鳥?ってことで朝起きてアンプに火を入れる前に御開陳〜〜に挑戦です。

電源コードを抜いてから恐る恐るアンプを倒すと、底蓋がありました(真空管アンプって底蓋がないものもあるようなので)。底蓋は四隅が木ネジ4本で固定されているだけで、早速ネジを回して底蓋を外します。

開けると、あら〜〜〜?アンプ本体に接している底蓋の一部が濡れています...なぜ?(汗) うちでは水気を与えていないから、前オーナーさんのところで何かがあったのでしょうね(汗)...幸い水は内部に達していないものの、内側はなんだか湿気っぽい...。

ティッシュで裏蓋の水と周囲の水気を拭き取って、内部のホコリもお掃除。アンプ内部に水溜まりがあるなんて良いわけがないから、今回開けてみて良かったですよ。ひぃ〜さんに感謝です。

あらためて内部を覗くと、トロイダルトランス3つと緑色の大きな基盤が目立ちます。これを見て、分かる人はいろいろ分かるんだろうなぁ〜と思いつつ記念写真パチリ。


真空管アンプのトランスって大きい


ボリュームは日本のアルプス製でした

続いてガタついている端子をチェック。SP端子は内部のナットが緩んでいました。9mmレンチで軽めにキチッと増締め。CD入力端子は基盤が邪魔でアクセス不可。なので、今まで通りCDはAUX端子に繋ぐことにしました。ちょいと中途半端ですが、SP端子の接触不良→無負荷状態→トラブル?ってな流れは未然に防げたはずですから、良しとしましょう。

ところで!掃除した底蓋を取り付け...と底蓋の隅っこに小さな四角いシールが貼ってあり「100V 50Hz/60Hz」とありました。...見えないところに貼らないで〜(汗)



ちなみにカリプソって球アンプは2種類あって、うちのKlypsoと、もう一つ別メーカーから高級プリアンプの「Calypso(カリプソ)」があるのでした。最初検索したとき戸惑いました。



【カリプソのこと】一括表示はこちら

...このブログ(リンクログ)のカテゴリー表示は各カテゴリーそれぞれに幾つ記事があろうと、(何故か)最後の4〜5件しか表示しないため、遡って閲覧するのに不便です。なので記事が5件以上あるオーディオ記事の場合、一覧のリンクを最後に用意することにしました。