May 20, 2009

ルネッサ フユーエルポンプ分解【4DNフユーエルポンプトラブル考】


昨日(19日)周遊にてチマメッタさんから教わった驚愕の事実?

黒エンジンの初期型ルネッサに見られるトラブルの一つ...フユーエルポンプからガソリンが流れ続けてシリンダー内に進入し、フユーエルロック(ガソリンロック)が起こり始動困難になる。は広く知られていることと(勝手に)思います。



フユーエルロック(ガソリンロック)とは、何らかの原因で燃焼室にガソリンが流れ込み、燃焼室内がガソリンで満たされてピストンが動けなくなってしまう症状を差すようです。この状態で無理に始動を試みると、セル始動の場合はセルのワンウエイクラッチギヤやセル自体が壊れたり、最悪コンロッドが曲がるそうです。また、この症状が出ると通常セルでの始動が困難になりますので、それでもなんとかして始動したい!と押し掛け始動をしてしまうと、これまた場合によってはコンロッド変形など招き大事に至るそうです。

フユーエルロックの症状としては、知らずにセルボタンを押したときにエンジンから「カンカンカン!」というような大きな打音が出た場合は、このトラブルの可能性が高いので、以後の始動は絶対に行わず、バイク屋さんに引き揚げてもらうなどしてもらいましょう。4DNでコンロッドまで曲がった症例はチマメッタさんの経験ではないそうですが、FZRだったかで、オーナーさんが押し掛けを続けたためにコンロッドが激しく曲がっていた例があったそうです。

またフユーエルロックが起こる前兆として燃費が極端に悪くなったり、キャブがオーバーフローを起こしたようにプラグがカブってしまったり、場合によってはマフラーからガソリンが噴き出したり...の症状が出ることもあるようです。こんな時は可能性の一つとしてフユーエルポンプ(とフユーエルコック)のトラブルを疑ってみてもいいかもしれません。

追記
四月一日堂さんからフユーエルコックのトラブルに関するコメントをいただきましたので、目を通してみてください。四月一日堂さんありがとうございました。

...四月一日堂さんの話を伺うと、キャブにガソリンが逆流してオーバーフローを起こすトラブルはフユーエルコックの不具合から起こるようで、これはルネッサに限らずSRVにも見られる現象のようです。




それでは何故ポンプにトラブルが起こるのか?ポンプに何らかの欠陥があり負圧の膜に穴が空く話は当時1号にトラブルが出た際バイク屋さんから伺ったものの、それ以上のことは「?」でした。

トラブルが出て膜の穴あきが原因とわかっても、ポンプの内部パーツは単品では出ません。修理=コックとポンプをASSYごと交換でした。

さて話は昨日の周遊へもどりまして...少なくない4DN整備経験を持つチマメッタさんは、当時このトラブルで入庫するルネッサが複数あったため、原因と思わしきポンプを分解したところ、ポンプ内部に成形上の「バリ」が残っていて、それにポンプ内で動く膜が触れることで傷つき、結果膜に穴が空き、ガソリンが流れ続けた。ということを突き止めたそうです。

そして新品ポンプを取り寄せて分解したところ、原因となっていたバリは削られて対策?されていたそうでした。...ちなみに同じダウンドラフトキャブを使うディバージョンにも同様のトラブルが出ていたそうです。

では何故その前のSRVにこのトラブルがで出なかったのか?...ルネッサでさらなるコストダウンを狙った?ヤマハ、もしくはポンプ製造メーカーのミクニ(の下請け?)が作業工程を減らすことで対処。その減らされた作業工程の一つ?がポンプ内部の仕上げだったのかな?なんて当てずっぽうな妄想も...。

と言うことで?じゃぁ、ワタクシの手元に残っている1号の初代トラブルポンプはこれは当てはまるのか?と思いまして、早速ポンプを発掘&分解してみました。以下順を追って...


特徴的な六角形型をした4DNのフユーエルポンプ
SRVとルネッサの共通部品です


ポンプ裏側には「MIKUNI CORPRATION MADE IN JAPAN」の文字
6つのネジを外してポンプを割ると問題の場所にアクセスできます


ポンプ裏蓋を外すと半透明の膜が登場
2番シリンダーからの負圧でこの膜が動くことでポンプの働きをするのでしょうか?
...ポンプ裏蓋は軽く固着しているのでドライバーの柄などで
ポンプをコンコン叩いてやるとパカッとはずれます


ペリッと簡単に剥がれる半透明の膜を見ると...
あらあら中央には無数の傷が...


膜の傷部分を拡大...
肉眼では貫通している亀裂や穴は確認できませんでしたが
ここからガソリンがどんどん漏れて負圧を取るホースを伝って
2番シリンダーに直接ガソリンが流れ込むことで
フユーエルロックトラブルが起きたでしょうか?


続いて裏蓋内側に目をやると...
中央にはチマメッタさんの言う小さな突起(バリ)がありましたよ...


これも拡大すると...
これって元々金型に傷があるのにそのままパーツを成形し
なおかつそのバリを放置して出荷していた...ですね

と、1号の初代ポンプはまさにチマメッタさんの言う欠陥ポンプであったわけです。気になるのは、この欠陥ポンプは初期型ルネッサ全てについていたのでしょうか?それとも生産ロットや生産ラインによってバリがないポンプがあったりなかったり、バリの処理がされていたりいなかったりしたのか?

初期型全てに欠陥ポンプついていたならほとんどのルネッサにトラブルが起きたはずですが、それほど高頻度ではなかったような...運不運なんでしょうかね...。

とにかくバリの残ったポンプをつけられて出荷されたルネッサは数千キロ走行するとポンプの膜に穴が空き、トラブルに見舞われていたのではないかな?なんて。ルネッサ発売からすでに13年。ヤマハがしっかり対応してくれていれば、またはオーナー間でも早くこのことが分かっていれば「ある日突然、それもツーリングの当日にフユーエルロックで始動困難」なんて酷い目に遭わずに済んだオーナーも多かったろうになぁ...と勝手に残念に思ったりもするのでした。

続いて同じ初期型の2号のポンプはどうなってるの?...早速外して分解すると...ポンプ裏蓋内側にあったと思われるバリはヤスリのような物で削られた後がハッキリクッキリ!


2号のポンプ裏蓋内側のバリは削られておりまして
半透明の膜に傷はありませんでした

この場合、
1:前のオーナーさんがポンプを替えた
2:バイク屋さん(例えばYSPなどヤマハ系ショップ)が
  このトラブルを知っていて納車orその後の整備のときに処理した
3:出荷時から元々このポンプだった
のいずれかは定かではありませんが、うちの2号においてフユーエルロックの心配はなさそう。...これはこれでなんだか不思議な脱力感を感じました。

と、うちの2台は上記のような結果になりました。メンテ好きな他オーナーさんでポンプを交換した記憶がない、または中古車だから履歴不明...な場合は一度チェックするといいかもしれませんね。

あと興味があるのはSRVやシルバーエンジンの後期型ルネッサのポンプ内部です。実家に戻らないとSRVのポンプは無いのですぐには確認できないのが残念ですが、SRVの裏蓋内側の仕上がりがとても気になるところ。次回実家行きが楽しみです(笑) ...SRVオーナーさんでポンプを分解した人がいたら、よかったら内部の様子を教えてください。

このフユーエルポンプには、もう一つ膜のある部屋があるのですが、うちのは固着してしまって分解できませんでした。日を改めて確認してみようと思っています。

チマメッタさん、情報をありがとうございました!

Posted by renaissa at 21:44:02 | from category: 4DN フユーエルポンプトラブル考 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments

四月一日堂:

初期型のSRVのポンプ内は磨きの後はありませんでしたが、写真のような鋳肌の荒れもありませんでした。
端の方に荒れた突起が出ていましたが、膜に干渉するような所では無さそうです。
確かに中央にザラツキがあり、鋳造状況によって荒れが出てしまいそうな雰囲気はありました。
私は部品製造時のロットによって出る不具合の線だと考えています。

コックからキャブレター逆流のトラブルは、キャブ側からコックにリターンする燃料ホースがあるのですが、コックに付いているワンウェイバルブ(キャブからコックに一方通行)がきちんと効かずにコックからフロート室に入り込んでしまうことがあります。
これによってガソリンが止まらずにコックからキャブに直接入ってしまい、オーバーフローしてしまうようです。

機械式コックにしたいところですが、負圧式フェールポンプやキャブからの燃料リターンパイプが繋がっていたりする意外に多機能(無駄に複雑?^^;)なコックのために打開策は無さそうです。

ポンプもコックも弱点を抱えていますので、不具合が出て場合は両方チェックが必要だと思います。
(May 20, 2009 22:44:22)

renaissa:

四月一日堂さん
早々&詳細にありがとうございます!
SRVのポンプはそんな状況でしたか。SRVとルネッサは同じ金型なんでしょうかね?
鋳造状況で製品にバラつきが出るって、けっこうあるものなのかな?とか
シロートには分からないことだらけです(汗)
...分かったからといって今さらなんですけどね...。

コックのトラブルについても知りたいところでした。
うちの2号はポンプは大丈夫だったけれど、コックは明らかにトラブっていたようでした。
前オーナーさんがオーバーフローに悩まされていたのを、引き取り時にぼくが新品コックに
変えたらオーバーフローは止まりましたので。

> 負圧式フェールポンプやキャブからの燃料リターンパイプが繋がっていたりする意外に多機能なコック

これについてもチマメッタさんが触れていました。
恥ずかしながら詳細を失念しておりますが、とにかくいろいろな不具合?をこのコック形式?にて
対処しているそうです。仕方なく?多機能になっているようですね(汗)

> ポンプもコックも弱点を抱えていますので、不具合が出て場合は両方チェックが必要だと思います。

この記事はポンプ専用なので、コックには触れませんでしたがご指摘の件、まったく同感です。
(May 20, 2009 23:06:17)

ナ:

今日、僕も古いポンプを見てみました
ひろしまさん程酷くはないけれど2〜3個の突起が中央にありました
フィルムの方は傷だらけで突起部分は凹んでましたが破れまでは無いように見えました

ポンプの設計などの事は分からないですが
作る方(工場)は必ず図面のとおりに作るはずなので
設計者が図面に面の粗さの指定を忘れたとか
面が粗くてもOKだと思っていた
ポンプ自体の設計では
フィルムが鋳造側に触れなければ傷も付かないはずじゃないかと素人の僕は思うんですが
まぁ勝手な想像ですけど
コックの方はガソリンが滴っていたので早々に交換しましたが
内部のゴムの交換で済んだんじゃないかと思ってますが・・

ステアリング機構
こちらですみませんが、HP見ましたが重くて全部は見れないですね〜
見つけられませんでした・・
知りたいけれど、わざわざ手間を取らせるのも申し訳ないので
勝手にレバーの用な物だと妄想しましま。
(May 21, 2009 23:18:55)

renaissa:

ナさん
ポンプチェック報告をありがとうございます。
なるほど面の荒さの指定とかもあるんですね。

> フィルムが鋳造側に触れなければ傷も付かないはずじゃないかと素人の僕は思うんですが

それが実際には触れて問題が起こったってことでしょうねぇ。
ちなみに1号の欠陥ポンプの膜は負圧側?にポコンと膨らむように変形していました。
対して2号のはフラット。膜が変形せずにフラットなままなら鋳造側に触れることが
なかった。ってのも考えられるのか...。膜の素材とかも変更したのかな?

> ステアリング機構

...やはり重かったですか。何かの機会にでも確認してみますよ。
(May 22, 2009 00:24:30)

長野BS LTD:

 不動ではなかったけど0〜40?/hまで2分以上かかり最高速も40キロが限度だった手元に来たばかりの黒エンジンMyルネ!
 整備した際に交換したポンプを今日分解してみました。〜ら
 ひろしまさんと同様の状態です。下し金を彷彿させる金属面と傷着いたフィルム。
 当時いかに元のコンディションに戻すかが課題でしたので、弱点なら換えてしまえ〜とあっさり交換したのでした。幸い今では高速にも上がれる速度は出るんですが、燃費がかなり悪い。不確実な組付けで折れて挟まっていたダイヤフラムは高価だったので折れを伸ばして再組み付けしたのが原因でしょうか?将来怪しくなったときに疑うべき所のひとつです。
(May 24, 2009 15:59:57)

renaissa:

長野BS LTDさん
ポンプチェック報告をありがとうございました!
で...そちらも同じ状態でしたかっ!?ひぃ〜。

燃費の悪さの原因はなんでしょうね?ダイヤフラムとはキャブのでしょうか?
ダイヤフラムのゴムが経年劣化で硬貨すると動きが悪くなって負圧への
追従性が悪くなり燃費悪化はありそうな気もします。ってこう言うのは司さんが詳しそうです。

あとは...燃料コックは新品に交換されましたか?
四月一日堂(わたぬきどう)さんの上記コメントを読むとコックも悪さをするようですしねぇ。

いずれにしろ、今までのネット上での情報を見ている限りでは
4DNのキャブは徹底的にやらないとダメな場合がありますね。
(May 24, 2009 19:31:52)

たら:

SRVとルネッサでは、若干対策済みになってるんですね。初めて知った!さすがSRVマイスター!!ニヤリ!!!

私がうちの店で働き始めて、何回か吹けないっていう症状と、エンジンかからずっていうので入って来ました。
で、バラしてみると、バリというか形成ミスなのか突起物が出てましたよ。
これって体の心臓と似たような構造で、膜を少しでも傷がついたりすると、そこからガソリンが漏ったり、圧がかからない状態になるんですよね。

実は、ビラーゴ250も同じようなコック使ってるんですよね。でも、ビラーゴはフューエルポンプが壊れるのは、あまりないんですよね・・・なんでだろ??
(October 03, 2009 10:05:49)

renaissa:

たらさん
いえいえいえ!すべては皆さんからの情報ですので。
マイスターだなんてとんでもないです(汗)

> これって体の心臓と似たような構造で、膜を少しでも傷がついたりすると、
> そこからガソリンが漏ったり、圧がかからない状態になる

ですです。
ちなみにコックにもトラブルが出ることがあって症状が出たら
ポンプとコックのセットで換えておくのがいいかもしれませんね。

で、チマメッタさんからの情報ですと、同じ症状はSRVの時からあったそうです。
ルネッサでそれがとても多くなったようですね。

ではSRVとルネッサではどう違うのか?と思って
...まだ(面倒で)レポートにはしていないのですが、先日初期型SRVの中古ポンプを
バラしたらバリってほどではないけれど、表面が少々荒れていて、
これに経年で伸びた膜が当たって傷ついていました。

だからSRVだから症状が出ない、ルネッサだから出る、ではなくて
4DNに共通して出る可能性のあるトラブルとわかりました。
なので、長くSRVに乗っている人はポンプの状態を一度確認してみるといいかな?と
思ったりしています。

そういえばビラーゴの事は考えもしませんでした。うーん、新たなテーマが!(笑)
ほんと、何故でしょうね...。
(October 03, 2009 10:31:53)

日本最高級高品質ロレックス:

ルイヴィトン コピー品
世界ブランドコピー業内最高レベルのルイヴィトン コピー品(N級品)
をお客様に提供します。ルイヴィトン財布コピー、
ルイヴィトン財布、財布ヴィトン、スーパーコピーなど豊富な物件を揃いています。
当店はすべての商品はサイトに掲載していません。
お探しの商品が見つからない場合、お気軽にお問い合わせください。
(October 21, 2018 19:51:41)

日本最高級高品質ロレックス:

超人気【楽天市場】
高品質とリーズナブルで販売
超安値登場!品質保証、最安値に挑戦!
オンラインストアオファー激安輸出
オンラインストアは、ご来店ありがとうございます.
【超人気新品】即日発送,品質100%保証!
【新商品!】☆安心の全品国内発送!
激安通販!☆安心の全品国内発送!
激安全国送料無料!100%正規品!
激安販売中!
高品質と最高の専門の顧客サービスと
手頃な価格でお好きなもの
芸能人愛用『大注目』
今、私たちは安価な高級品海外通販しています。
私たちは、デザイナーの多数な選択を運ぶ
(November 06, 2018 04:25:04)

腕時計ショップ:

スーパーコピーブランド激安ショッピングモール!
ブランドスーパーコピー品
ごとにぱっと見て全然違わないほどの外観を持ち、手触りも同じである。
当店スーパーコピーブランド商品とともに、高品質と安心をお届けいたします!
(November 09, 2018 08:25:37)
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)