August 08, 2014

突発性場当たりエンジン自家塗装【14ルネイロイロ その5】



塗り塗り途中

1号18年12万キロ…ノーマルブラックエンジンのシリンダーフィン部分の塗装劣化&剥離&アルミ錆びの進行が進み、長らく心を痛めておりました。そんななか、去年のカレーオフで拝見した、再塗装されたエモリ号の新車以上に艶やかなブラックエンジン…ワタクシが求めているのはまさにコレ...ただただうらやましく、ため息が漏れ、見とれるばかり。

10万キロオーバーホール時についでに再塗装!は予算不足で却下だったんだよなぁ…あー、こんなことならしっかりお金を貯めて…ワタクシの性格では無理(汗) で、先月7月27日のカレーオフにてエモリ号に再会…改めてちゃんと黒いエンジンっていいなぁ…と…ため息吐息。

次の平日休み7月31日に思いあまって、手持ちの車用ホイールカラースプレーを新聞紙の上にシューッと吹き出して、南無三!綿棒でフィン一枚ずつ手塗りで塗り塗り…。

ああ、やることなすこと、つくづくしょぼいなぁ、オレ…と、若干の自己嫌悪を感じつつ、もう後には退けません...ペタペタ、塗り塗り…しかし?この場当たり自家塗装、遠目に見るとまんざらでもありません。なんか、自分的にはコレでいいかもー♪ と…やれやれ…。

とりあえず、右側の前後シリンダーを塗りおえたので、いつになるかわかりませんが、次は左側シリンダー。そして、ヘッドまでやったらかなりイイんじゃないかなー。


August 07, 2014

「邂逅」は「こうかい」と読むのだった【14ルネイロイロ その4】


6日平日休み。午前中1号で走ろうか、の予定がダメになり、次女とリトルカブでタンデムミニミニツーリング。60km程のミニツーリングを終えて午後2時を過ぎ…暑いけど、やっぱりちょっとは走りたい!と自分にしては珍しい時間帯に1号で周遊道路に向かいました。

路面がすっかり乾いた甲武トンネルを抜けて檜原街道へ下る途中で、元SVさんに似た人とすれ違う…う〜ん、人違いだったら嫌だし…そのまま檜原街道に入り周遊・都民の森着。ここでUターンして同じ道を帰ります。

このところ1号のリアサスをあれこれ試していて、どれも一長一短…業を煮やして?この日はストックしておいたルネッサの純正Rサス(新品)を付けてのひとっ走りでした。結果、やっぱボヨヨンなんだけど、さすがノーマル…トータルで侮りがたい性能...ああ悩ましい…。

帰路もサスの感じを探りながら、檜原街道から甲武トンネルへ登る途中で、往きにすれ違った元SVさん似のライダーさんと再びすれ違い…うわっ!この人、マジで元SVさんかも!!ブレーキングしながら振り返ると、そのライダーさんも振り返ってるし!

Uターンして停まっているライダーさんのところへ。ぴったしかんかん〜〜!以前周遊道路をコソコソ走っていた時に知り合った元SVさんでした〜♪ 3〜4年ぶりぐらいですかねー、とかご無沙汰した期間の空白を埋めるお話をあれこれ20分ほど。楽しいひととき(笑)

またどこで会えるかな…なんとも不思議な巡り合わせ、再会でした。

走行距離:79,758km (+52,000km)

…NariNariさんオフの日、燃費が久しぶりにリッター40オーバー。往きはそれなりに回していたけど、帰りは全然回さなかったからかな?とにかくビックリ。その次の富士山グルリ1周ツーリングではリッター39。回さないと孝行燃費。


March 30, 2014

第41回 東京モーターサイクルショー【14ルネイロイロ その3】


30日(日) 第41回 東京モーターサイクルショーに行ってきました。

...こちらに越してきてから「ルネッサで走る」ことに夢中になって、バイク雑誌はほとんど見なくなり、カスタムはほぼストップし、最新バイク事情みたいのから長らく遠ざかっていました。

今回、職場の同僚に誘われて、なんとなく同行したら、いろいろバイクを見られて、新鮮で、関係者の人達からもお話を聞けて、とても良い刺激になりました。悪天候のため、野外イベントが中止になり、場内は大変な混雑でしたが…結果オーライ、行って良かった。

の覚え書き。

まずはブリヂストンブースにて、ブリヂストンBT45やB&L510/511について。
お話を伺えたのは、たぶん…現場の開発関係者さんと思います。

・BT45はバイク業界に元気があった当時、相当の力と費用を投入...全力?で作ったタイヤで、完成度が高すぎて、いまだにこれに代わるタイヤを作れずに、メーカーとしても困っている?と苦笑いしつつ...名作です。と胸をはっておりました。もちろん今後も作り続けます、とのことでした。

・とは言え、設計開発が古いBT45に比べ、つい最近登場した最新設計&最新テクノロジーの新鋭タイヤ、ダンロップGT601には興味津々な様子でした。…まだ試乗等確認はしていないそうです。...同じタイヤ開発者としては自分たちも新開発してみたい!って、気持ちが上記の苦笑の中に含まれているように感じられました。

・BT45はチューブレスタイヤですが、チューブ使用でもネガは感じられないはず。とのこと。

・BT45のワンランク上?のBT39(39にはRタイヤに適正サイズがありませんが…)はどうか?の問いには、ルネッサクラスのパワーのあまりないバイクには、タイヤのグリップバランス…特にタイヤエッジ部分…が勝って、(BT45比)ハンドリングに若干の粘りや切れ込みが出るでしょう。軽快で素直なハンドリングで選ぶならBT45がお勧めです、とのことでした。

・B&Lはどうでしょう? 長寿命と価格が低いのが売りのタイヤで、ある程度スポーツ走行志向のライダーさんにはBT45をお勧めします。コンパウンドは別物で、ウエットや低温時性能も若干劣ります。でした。

・タイヤメーカーカタログの推奨リムサイズよりも、ルネッサのリムサイズは細い設定だが、タイヤメーカー推奨のリム幅にしたほうが良いのか? には、バイクメーカーさんの設定を優先してください、とのことでした。タイヤメーカーはあくまで特定のバイクではなく推奨サイズのリム幅で開発していますが、バイクメーカーさんはそのバイクに履かせて開発していますから、そちらのバランスのほうが適正なはずです。だそうです。

・同じブリヂストンのアコレードのことを聞き忘れた...残念。

...

お次はダンロップブースにてGT601について。
お話を伺えたのは、こちらもたぶん…現場の開発関係者さんと思います。

・グリップはTT900とGT501の間ぐらいだそうです。以下GT501比...パターンの彫りを深くすることでトレッド面の柔軟性を高め、かつ、寿命を長くすることができました。エッジの剛性を上げて、フルバンク時の安定感をアップ、ウエットおよび低温時の性能変化も少なくなっていますetc…ブリヂストンで同僚さんを待たせてしまい、ダンロップは早めに切り上げたため、いろいろ聞けなくて、伺えたのはGT601のページと、ほぼ同じ内容でしたので、そちらを参照してください。

↑なんだか、はしょった文章ですが、GT601のことで…って、話しかけたら、とっても嬉しそうに対応してくれたし、GT601への自信も大きいのが感じられて、印象はよかったです。次はGT601履いてみようかな、なんて思いました。

・そうそう、TT900とTT100は同じコンパウンド、って情報をネットで見て、なるほど〜、と信じていましたが...確認したら、900と100は違いますよ、でした。



以上、いろいろまことしやかに?書きましたが、シロートのワタクシの文章です。聞き違い、記憶違い、書き間違いがあると思うので、ご了承&ご注意ください。念のため。

...

ショックだったこと。
数年前のもらい事故で削れたブレンボ製φ16ラジアルマスターを、アクティブのφ16ゲイルスピードラジアルマスターに変更しました。ところが…ブレンボの時はタッチがソフトでとても気に入っていたのに、同径のゲイルは何故かストローク感が少なく、ソフトでない…可変レシオなので、最小にしても…少しの入力で効きが立ち上がってコワイ…なんで???でした。アクティブのブースもあったので、この件について質問してみたところ…

うちのφ16は4potキャリパーのダブル用で、キャリパーがシングルですと、相当堅いタッチになるはずです…ですって〜〜〜〜?!?! 疑問がネガな方に解決…もうガックリ…。うちの設定基準ではシングルにはφ14が適正ですが、今のところリリース予定はありません、すいません…とのことでした...。

ブレンボのφ16は、今のワタクシにはとても高額で…ラジアルマスターをいろいろ物色していたところ、FRANDO/フランドーなるブレンボやベルリンガーのコピーっぽい、小径φ14や15のラジアルマスターをラインナップする台湾ブレーキメーカーに行き当たりまして…これならなんとか導入できるかな…と淡い期待を…どきどきどき…。ライディングの楽しさに大きく関わる部分なので、早くなんとかしたいぃぃ…。


July 10, 2011

1号 実家往復 ビッグサイト行きでお上りさん気分【11ルネイロイロ】




今週は本業があったりでハードでした。久しぶりに土日連休となって8日金曜、副業から帰宅後、19時実家へ向け出発。この時間帯って路上に、頭おかしいドライバーが多いのか、ワタクシの被害妄想なのか、先々で突っかかってくる4輪がいてゲンナリ...。無事に無事に...と言い聞かせなるべく関わらずに淡々と走って22時過ぎ着。ああ消耗...。

翌9日土曜。墓参りを済ませてからおん歳85の伯父の入院先にお見舞い。元気そうでちょっと安心したけど、ワタクシを見て「オレもこんな若いときがあったんだよなぁ。今は85の老いぼれだ...」と目頭に光る物が...。いろいろ応えているんだなぁ...とこっちまでグッときちゃうよ。いやはや。

でも、いろいろお喋りするうち笑顔も出てやや安堵。また来なくちゃね。お次は今年5月に復活した「柏ボンベイ」へ。店は大混雑。若いスタッフ4人は忙しくて、客は辛いカレーで、それぞれ汗だく(笑) 食後身体を冷やすためディスク/オーディオユニオンへ。LP用のビニールカバーを購入し、次の目的地へ。

6号で都内入り。そのまま三ツ目通りを直進し...張り切ってすり抜けするスクーターとバトル?しそうになるが、若干大人になった今のワタクシは我慢。そしたらそのスクーターは少し先でキップを切られてた!他バイク2台も停められていたので、ねずみ取りしてたんだろうな...全く気付きませんでしたよ。とにかく大人でよかった(汗)

着いたところは東京ビッグサイト。久しぶりに海が見られて感激。そうそう、6号や三ツ目通りからはスカイなんとかって高い塔?が見えてこれにも感激。交差点信号待ちで横に並んだバイクや、目の前を走りすぎるバイク達を見るのもなんだか楽しかったな。すっかりお上りさん(笑)

さてビッグサイト。本業でお世話になってきた会社さんが出展するとのことで顔を出してきました。そしたらワタクシが初めて勤めた事務所の当時の同僚さんにバッタリ再会...は25年ぶり...ったら四半世紀ですよ...年取ったよな〜〜!と実感湧きまくり(汗) 紙コップ1杯のお茶で3時間も長話してしまった。行って良かった。

綺麗な夕焼け空を見ながら帰路に。銀座、国会議事堂、新宿...どれも懐かしい...20号をこれまた淡々と走って地元へ。八王子で給油したら、ビックリ、燃費が39.4km/Lだって。全然回さなかったもんね。淡々と走ったワタクシへのプレゼント...か?

しっかし、すり抜け知らずのココに越してからは、以前は当たり前だった都心部でのすり抜けがコワイコワイ。過去の自分に恐怖しました。

帰宅後、即行でシャワシャワ〜〜!今日1日の汗をようやく流してすっきり♪ 起きて待っていた長女にお土産をわたして、揃って寝床に。お互い今日あったこととかいろいろお喋りしながら二人ともいつの間にかスヤスヤ。しかし、夕食抜きだったワタクシ、空腹で目覚めてしまいました。オフクロにもらったチーズをモグモグ。いろいろあった2日間でした。

走行:62,453km (+52,000km)
走行距離:237km
燃費:39.4km/L (206.5km/5.25L,142円/1L)


August 24, 2010

1号 毛無峠ツーリングお疲れさん【10ルネイロイロ】


今回もよく走ってくれました。お疲れ1号。


毛無峠...みんなに先に行ってもらって大急ぎで1枚撮りました