April 17, 2010

R-2 とにかく走らせよう【10R2】



今朝5時はこんなでしたよ...
今日1日どうなることかと思いましたが
昼にはほとんど溶けてくれて助かりました
早起き長野BS LTDさんからエールの
メールをいただきました...感謝!

昨年から路上エンコが続いたR-2。それまで路上修理でどうにか走り続けてきたものの、9月のエンコではセルが壊れてとうとうJAFのお世話になりました。JAF待ちしているところへ、あり得ない偶然さで、周遊仲間のJIROさんとバッタリ遭遇。あの時のご縁には心底驚きました本当に。

JAFのローダーにR-2を車載して、家までJIROさんにお供していただき、その後2号で出直し?来々軒のラーメン食べたり、ご近所テストコースを案内したり、例の法面で一緒に記念撮影したり。JIROさんには大変お世話になりました。R-2のエンコは悲しかったけど、今となっては良い思い出です(笑)


'09.9.21...R-2で始めてJAFのお世話になりました...
撮影:JIROさん
この日の様子はJIROさんのHPで
とっても楽しく(笑)レポートされています...こちら

その後R-2仲間のアドバイスに助けられつつ、実家の予備エンジンからセルモーターを調達&組み付けしたり、ヒマ見て作業を続けた結果、昨年12月21日いよいよ路上復帰!の刹那、ワタクシの不注意でドアを壊して以来放置が続いて...早4ヶ月...。

ドアは閉まらないままだけど、機関は復帰しているわけで...そろそろ動かさないとまずいんじゃない?って危機感をいい加減押さえつけられなくなってきておりました。

今日は少し早め...暗くなる前に帰れたので、急ぎドアを紐で縛って固定して、なるべく人目の無い道を選んで(汗)グルリ一回りしてきました。


裏道の裏道みたいな山道は
去年の土砂崩落で通行止めが続いておりました
試しに行ってみるとバリケードが半分開いていて
するるっと突入しちゃいました
そしたらずいぶん道幅広がり...
すっかりキレイになっていてビックリでした

久しぶりに運転したR-2は、なんだか以前の印象よりも快調で、短距離短時間ではありましたが、たいそう気持ちの良いドライブとなりました。つくづくかけがえのないクルマと思い知らされました...。

だから頑張って早くドアを調達しなくては。そして、これからの良い季節、子ども達を乗せてお出掛けしなくっちゃ。もうちょっと待っててねR-2!

走行:30,281km

September 13, 2009

R-2 テールランプ球交換【09R2】



木陰に避難して交換中

このところこマメに動かせているR-2。

11日(金)、いつものように暖気をしっかりしてから走り出して最初のT字路でウインカーレバーを下側(右折側)にカチリ。と同時に聞こえてくるはずの「カッチン...カッチン...カッチン...」音が聞こえません。

おや?と思ってメーター内のウインカー右インジケーター?ランプを見るとハイフラッシャーになっています。左を試すと問題なし。てことは球切れかな?と、日差しが強いので程良い木陰を探してウインカーのチェック。

すると右のテールが点滅していません。テールレンズを取り外して現れた電球は変な色に焼けておりました。車内に常備のR-2救急箱に用意されている予備球に差し替えて点滅確認すると問題なし。ひとまずホッとするものの、電装系のトラブルが原因でありませんように...単なる球切れでありますように...とお祈りです。


切れた電球(右)と健康な電球(左)

R-2のテールランプ球は、ストップ/ウインカー/ハザードの3役を1つの電球で掛け持ちする忙しい...今はもう普通には?売っていないレアな3極タイプですから、球切れが頻発すると数少ない大切なストックがあっと言う間に底をついてしまいます。これはとても困ります。

R-2に乗って21年の間に電球交換したのって、そう言えばこれが初めてな気がします。12日(土)、今日も子守りになって、午前中は図書館回りetc...の足がR-2。あちこちちょろちょろ走って幸い電球切れは再発せず一安心、かな?

...これをアップ後ふと思いついたのが配線のショート。要チェックです。

走行:30,225km

September 06, 2009

R-2 地元のイベント「こもりく」見物【09R2】



杉林の中、木漏れ日の下でのんびりまったり

地元...と言ってもちょいと距離はあるのですが...のキャンプ場「サイレントリバー」で毎年行われているイベント「こもりく」に、子ども達を連れて初めて行ってきました。

...他にいくつかあるヒッピー系?アート系?(よくわかりません)イベントで、8月頭に行われていた「ひかり祭り」は、今年の第6回開催が最後ということで非常に残念。今年はワタクシもカフェのヘルパーさんとして参加するはずだったが風邪をひいて会場にゆくことすらできず、ものすごくガックリだった...当日は大雨だったし...ブツブツ。

ところで、「こもりく」会場であるサイレントリバーへ至る脇道がものすごい急坂で、場所によっては斜度20度を超えるのでは?だそうで...時折、登りきれずに牽引される車が出るそうで...果たして齢40年のR-2で無事に登きれるのか?が参加にあたっての最大の問題?関心事?でした。

実際訪れて下り始めると、噂以上にヤバイ角度です。前を行くクルマが途中で止まったりするものだからブレーキを力一杯踏みつけ、加えてハンドブレーキも併用...ワタクシ下りながらちょっとキンタマが縮み上がりましたよ。そんぐらい急。でも、もう後戻りはできません...。

...ちなみに「こもりく」のHPには「注意!キャンプ場の出入り口は、一方通行のやや勾配のきつい坂道になっています。」とありますが...ぜんぜん「やや」じゃないです。間違いなく「とても」です。修正を希望します(笑)

で、いよいよ帰るだんになって、車内の荷物を若干降ろし気分の軽量化&子ども達は受付に待たせておいてお父さん一人乗り込み、勢いを付けて「ナムサン!」一気に登坂!

アクセルを絶対緩めるなよ〜!踏め!踏むんだジョー!←? と自らを励ましながらR-2にはムチ打って...ギヤは1速、タコメーターはレッド手前の5500〜6000キープ、唸りを上げるエンジン、ミラーにはモクモクと渦巻く白煙、速度は時速20km...なんとか登り切りましたよ。よくやったR-2!

出口にR-2を置いて、猛烈な安堵感と達成感に船酔い?しながら今登った急坂を急いで下り、下で待たせていた子ども達を迎えに行きました。この時なんだか膝が笑ってた...。そしたらクルマの誘導係のお兄さんがワタクシに向かって

「無事に登り切ったようですねぇ(笑)」

って、ワタクシの緊張はこのお兄さんに見透かされていたのか!?...いやぁ笑った。と、その横から子ども達が心配顔で

「登れた?」

「うん、けっこうきわどかったけど大丈夫だったよ(エッヘン!)」

「よかったー...登れなかったらどうしようって来たときから今までずっと心配だったんだよ...」

って長女の口からポロリと出た本音に、それで時折なんだか元気がなくなっていたんだね...ごめん...お父さんは深く反省しましたよ。
でも、もう大丈夫!登れることが分かったから!またR-2で来られるよ! ってぜんぜん反省してないじゃん、このおっさん(汗)

さてさて、このイベントそのものは子どもに比重を置いたアート系?イベントだからでしょう、トランス感?が薄いのがよかったです。杉林の中にマットを敷いて、ほとんど途切れることなく生演奏される様々な音楽を聴きながら、気ままにごはんを食べたり、大道芸みたいのを見物したり。川遊びもできますし、無料のワークショップで工作したりetc...とてもマッタリ楽しい時間を過ごせました。入場&駐車料無料ってのも素晴らしい!です(笑)

また来年も行きましょう、R-2で♪


特設ステージ?では絶えず誰かしら演奏してました
子供中心のイベントなので特に昼の間は
極端に奇抜だったり大音響だったりな演奏は
あまりなくて安心だし心地よかったです
...でも夜はどうなのかな?やっぱ大人の時間かな?


ナチュラル系?オーガニック系?な出店も杉林の中に点々
知り合いのご家族が店を出していたりもしていてほのぼの


朝起きて急遽おにぎり握って出発
元カフェしみづ...現自然食品店しみづさんも
パスタ屋さんとして出店し本格パスタが500円
...パスタがおにぎりのおかずになりました(笑)


隣のクルマが大きく見えまーす...
帰る直前...いよいよR-2の登坂能力が試されるときが
やってまいりました(汗) 緊張顔の子ども達
無事に登れてよかった!

その後、夕方からは長女のお友達数人と隣町神社の夏祭り見物へ。御神輿は明日で、今日のお楽しみは神社の境内を埋め尽くすように立ち並ぶ露天商見物食べ歩き。金魚すくい、輪投げ、チョコバナナ、焼きそば、ウナギ釣りにお面屋さんにetc.etc...今日は特別ね、って夜9時頃までうろちょろ。毎年の事だけどものすごい人出だったから、ずっと次女をダッコのワタクシはヘロヘロ。

今年は初めて仲良しのお友達と自由行動させたので(お友達のお母さんが一人さりげなく付き添い)、長女はずいぶん楽しかったようで、これは何よりでした。

なかなかハードな1日だったけど、とにかく晴れてよかった楽しめた。

September 05, 2009

R-2 オールドタイマーの表紙が!【09R2】



表紙がR-2です♪

R-2が雑誌の表紙になるなんて何年ぶりでしょう?(笑) ...Renaissa pageのR-2コーナーに、過去R-2が表紙になった雑誌をいくつか紹介しています。→ここ

...もちろん、そのほとんどは名車スバル360の後継車としてR-2が発売された当時のもので、こうして40年後...そう今年はR-2誕生40周年なのです...にマイナーなR-2が表紙を飾るだなんて...OT誌はよっぽどネタに困っていたのでしょうか?←冗談です

な〜んて、これもとっても喜ばしいのですが、輪を掛けて喜ばしいのは今号特集のR-2の記事ってば、長年お世話になっているAさんとその仲間2名が、取材対象になっていることなのです。Aさん、Tくん、誌面登場おめでとうございます(笑)


Aさんのアバルトカラー風R-2がでーんと

手元のオールドタイマー誌は、そのAさんから送っていただきました。ありたがたやありがたや!Aさんには、なにかと不義理が続いておりますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。←ムシがいい...


August 12, 2009

R-2 図書館回り 2stオイル給油【09R2】


晴れました。

変な天気が続くものの「カレンダー通り羽化しちゃったからさ...」なんて仕方なく鳴いていたようなセミの声は「待ってました!」ってな勢いで「ミーン!ミーン!」山間に賑やかに響いています。

いっぽう旅行疲れがイマイチ抜けきっていなかった様子の子ども達も、心なしか勢いを取り戻したようで、夏休み感がグッとアップした気がします。

そんな久しぶりに夏らしい今日は奥さんが不在で一日子守り。TVやゲームの無い我が家では相変わらず娯楽の一つと言えば長女は読書、次女はおとうさんの読み聞かせ。

旅行でご無沙汰していた図書館行きを子ども達にリクエストされて、足をR-2に隣町の図書館と地元の図書室の2箇所をハシゴしました。

シフトフィールはまだちょっと難ありなものの窓を全開にして走り出せば、山間とあって涼しい風が車内を通り抜け、なかなかに気持ちよいプチドライブ。子ども達は「R-2に乗るの久しぶりだね」なんて言ってます。

のんびり図書館回りとお買い物もして、およそ30kmほどの短い距離でしたが、なんだか遠い夏の思い出、みたいな一日でした。






モノクロにしてみました



出発時に2stオイル警告灯が点灯し、オイル1リットル給油。今回30,013km−前回29,665km=オイル燃費は358km/L。近場ばかりだとオイル消費も増えるよう。...ガソリン燃費も期待できないなぁ...。

走行:30,040km