February 08, 2009

1号 スパトラ4インチメガホン2in1 そしてパンク【09ルネカスタム】

先月末から1号はサイレンサーが無いため走れない...のが続くのはよくないなぁ、と思って久しぶりにスパトラを引っ張り出した。フルタイムVブースト導入以前に短期間使っていた物だ。


サイレンサー無しはこれはこれでスッキリけっこう好きかも


寝かせておいたスパトラ4インチメガホン2in1久しぶり
前オーナーさんが耐熱ブラック塗装したもの

記憶通り、取付が渋くて少々難儀したものの無事装着。スパトラのお皿はプロトのスーパーサウンド(懐かしい)を6枚にした。さてフルタイムVブースト+スパトラ2in1の結果やいかに?

走り出すと下からモリリっと盛り上がりがあって、フムフム。しかしこれもやっぱ上が...。司号はアルミだけど同じくスパトラ4インチ2in1で、下はもう少し穏やかだけど5〜6000から上はフォ〜っと盛り上がってバイクが軽くなったような感じになってこれも気持ちいいのだが、1号にはそれがない。

9万キロのエンジンがもうヘタっているのかな?お皿増やす?とか考えつつ、しかし、やっぱりワタクシはこの音に馴染めない(あくまでの自分のバイクに使ったときの話なので、愛用中の方は気を悪くしないでくださいね!)。...一度お皿の数を増やしてみて、それから外そう(笑)

などなど少々ガッカリしながらご近所を一回りして自宅近くのいろは坂みたいな下りで、回り込むコーナーに進入〜と、バンク中にFサスが微妙にヨレヨレ〜っと不思議な挙動...何これ?なんか危ない感じですよ。あーますます俺はビビリでヘタレになったのか?

とか落ち込みつつ、すぐさま次の回り込むコーナー...うわ〜ますますヨレヨレ!これヤバイよ!なんかトラブってる。何だ?何だ?

で、ここでようやくペースを落として次の回り込むコーナー...これってFの揺れじゃない!もしや?...すかさずしっかり減速して家まであと百メートルゆっくり走行。

帰宅しRタイヤを見ると「やっぱり!」パンクしてました...。ワタクシ、おみくじ大吉だったよね?...いや!こう考えるんだ。...ツーリング先ではなく家のすぐ近くでパンクしょ?!それにタイヤパンクと言う危険なトラブルに見舞われたにも関わらずこうして無事に帰宅できたんだ。うん!さすがは大吉!ああポティブシンキン...。

Rタイヤはバンク中にだいぶ揉まれたようでエッジがびろろ〜んとなってまして、チューブもやっぱりだいぶ揉まれたようでバルブからもエア漏れが始まっていました。パンクの原因は「クギ」でした。とほほ...。

走行:38,961km (+52,000km)

January 30, 2009

1号 汎用性アップに向けて【09ルネカスタム】

思うところあって、某所に1号のサイレンサーについて相談。コチラの希望/願望を確実に伝えるために仕様書?を作り発送した。

...思うところ...

現在使用中のサイレンサーは音が大きすぎる。音は気に入っているし、上は回らないけど中域までのフィールも気に入っている。しかし大きな音量は周囲にはやっぱ迷惑だよなぁ...と、気にしながら走るのがしんどくなってきた。

で、去年の4DN東海ミーティングにて、みかんさんから1号のサイレンサーは抜けが良すぎて、どう転んでも下から上までトータルなセッティングは無理。とのアドバイスをもらったこと。

さらに去年の転倒でサイレンサーがけっこうなダメージを受けたことが、今回サイレンサー再考の後押しになった。

音質と性能とスタイルと...うまく落としどころが見つかりますように。



October 01, 2008

1号 ニーパッド取り外し 人間ステダン【08ルネカスタム】【08ルネイロイロ】

前回の周遊行き出発前に、3年の間お世話になってきたニーパッドを取り外した。

ライディングスタイルの変化により、かかとグリップ主体になり、ニーグリップに頼るケースが減ったためだ。とは言え、今後もスタイルに変化があるだろうから再び出番があるかもしれない。無いかもしれない。

元々ニーグリップ装着は、シングルシート+バックステップ+セパハンでポジションが大きく変わり、それまでのノーマルポジションでは気にならなかったブレーキング時やバンク時のホールド感が頼りなくなったために止むに止まれず導入したのだった。

それが不要になるとは、導入時考えもしなかったなぁ。と感慨。


タンク下のフレームにアメリカン用?の
マフラーヒートガードを傷防止のゴムを巻いて装着
たしかヒートガード付属のクランプではフレーム径より
大きすぎてDIY店で小径のステン製クランプを別に購入した


レース用シートスポンジを楕円に削り出し
野外用強力両面テープでヒートガードに接着した
奥に見える三角形のパッドはその前に短期間使っていた試作品
フレームに直接ソフト目なスポンジを巻いてタイラップで
固定してニーパッドにしているルネッサさんもいましたね

2年前、浅川さんが1号のニーグリップラバーを見て「内股じゃなくてさ、もっと男らしく股開いて乗ろうヨ」なんて笑いながら言ったのを、当時「???」だったのが、今はなんとなくその意味が分かるような...つもりなのかもしれないけど。

とにかく無理ニーグリップ?から開放されてバイクの上で比較的自由に動けるようなると、(自分比)走りにさらに広がり/自由度が出てやたら嬉しかった。この感じが1号よりも2号でより強く感じられたのが面白いのだった。

もちろんかかとグリップが絶対とかニーグリップは不要とかは全然無し。周遊で出逢う人達はそれぞれ自分なりのライディングスタイルを模索し組み立て走っている。



話し変わって1号での人間ステダン。これ、前回の周遊で...ようやく...効果的なことがハッキリした(強力なかかとグリップと併用で)。

長めのシマシマ減速帯で、以前フロントが暴れ出した速度まで徐々に加速してゆきつつ人間ステダン発動、今回その速度に達しても暴れなかった。これをきっかけに他の減速帯でも試したら、結果は上々。でもまだノーマル2号には及ばないなぁ。

早く晴れろー!...去年のこの時期のブログを見返すと、同じように天気が悪い日が続いたようで、ぶつくさグチってました(笑)

August 24, 2008

2号 スロットルロッカー導入覚え書き【08ルネカスタム】



mako号のスロットルロッカー

先日makoさんのSRVに試乗させてもらって好印象だった「スロットルロッカー」はラフ&ロードの製品...元々は?BMWの純正オプションだった?

ラフロ版のパッケージには「グリップに軽く手を添え、手のひらでスロットルコントロールができます。ロングツーリングやハイウェイでのクルージングが劇的に楽になります!取付けは簡単、ワンタッチでOK !」とあります。

グリップに巻き付く部分は柔らかめの素材でできており、装着は能書き通りほぼワンタッチ。手のひらで押す方向には空回りしないようになっていて、反対方向には空回りするのを利用して取り付け角度調整を行います。外すのも簡単。お値段は1260円也。

先日ラフロを訪れた際に購入し、実家からの帰路、そして今日の雨中ツーリング、と街中および山道のシチュエーションで300kmオーバー使ってみました。高速道路で使えなかったのが心残り。の覚え書き...

握った感じの違和感は無し...
 グリップに異質なものがついている、みたいな違和感は意外になかった。
 ただ視覚的な違和感?は若干感じるもののそのうち慣れそう。

mako号の時のようにイマイチしっくりこない...
 mako号試乗時に感じたラクチンさが2号では希薄。
 どうも(自分には)ハンドル位置が高い場合にしっくりくる様子。
 ハンドルの低いルネッサでは手首の角度がつきすぎるよう。

取り付け角度が決まらない...
 上記の前提があって
 すぐに効くように調整するとちょっとした手の動きに敏感に反応して
 下りコーナーでギクシャクしてしまう。
 それでも今日後半には慣れたのか、ギクシャクはずいぶん緩和されました。
 逆に効きを緩くすると効果がわかりにくい。

街中や巡航ではけっこう効果あり...
 慣れてしまうと存在感を感じないものの
 実際には「握る」負担をしっかりと減らしているので確実に楽。

ちょっとしたハズミで角度が変わってしまう...
 押し下げる方向には動きませんが、押し上げる方向には簡単に動きます。
 なので、その方向に少しでも触れてしまうと取り付け角度が敏感に
 反応する方に変わってしまい、角度修正が必要になる。
 今日は2度ほどやってしまいました。

とこんな感じでした。
もうしばらく使ってみるつもりです。

June 05, 2008

1号 STACK速度表示回復と1号2号の速度表示について【08カスタム】【08イロイロ】

4日午前中、ガルーダさんのアドバイス通りの作業を行った。

前輪を外し、センサー先端のクリーニング、およびセンサー/ピックアップ用ディスクボルト間の間隔見直し作業。1.5mmほどの間隔を1mmに縮め、前輪を組み付け作業終了。

郵便局へのお使いついでに試走。って試走のついでにお使い...のパターンばかりのような...。

走り出して左、右、右コーナー。うはー気持ちいい。メーターのこと忘れてついついコーナークリアを楽しんじゃう。そのままいつものご近所試走ルートへ。進入速度が上がってしまってアンダー出して焦ったり、それぐらい以前よりも突っ込めるようになりました。OHフォークバンザイ。

で、メーターは目出度く直ってくれました。ああ猛烈な安堵感。元々センサーの間隔が微妙だったところに、今回のフォークOH脱着によりピックアップしにくい方向にずれてしまったから、と言うことでしょうか。



...ここで、以前から気になっていたこと...1号のスタック速度表示とノーマル2号の速度表示の誤差?について...が、ふと浮かんできました。

スタックの速度検出はタイヤ外周数値を入力して、とかとか(たぶん)比較的正しい速度を示していると思われます。対して2号の機械式ノーマルメーターは実速度より10%ほど多めに表示するという話をネットで見しました。ノーマル2号のメーター読みで100km/hなら実速度は約90km/hちょいになるのかな。今はGPS?で正確な数値が計れるんだそうですね。

でもって自分のライディングの調子、およびバイクのハンドリングの調子をコーナー脱出速度で見ることがあります。

1号で頑張った時と2号で頑張ったときのコーナー脱出速度(メータ表示)は、多くの場合2号が上回ります。けれども自分が体感しているスピード感は1号が間違いなく上。この違いについては1号がセパハンだから「スピード感」があるんであって、やっぱノーマル2号はイージーで速いんだな、なんて納得させていました。

ところが最近知った、上記のメーター誤差10%を考えると1号2号の速度表示とスピード感の違い/関係に納得がいくような気がしてきたのでした。

走行:34,312km (+52,000km)