April 30, 2015

1号 タイヤ交換後ちょっと走れて考えた【15 タイヤ交換 その2】


良い天気が続いているものの、休日はほとんど家族の送り迎えと次女のお相手…いや、娘と一緒にいるのは楽しい! けど...たまには丸々一日自分の時間も欲しい…のも本音…ブツブツブツ(汗)

とにかく、タイヤ交換後、相変わらず走りに行く時間が無いので、思いあまって通勤で1号を使い、仕事帰りにちょっと走ってみようか、となりまして、実行。今週火曜に旧甲州街道をチョロッと走りました。

Rタイヤは去年交換のブリヂストンBT-45のままで、FタイヤはB&L G511からBT-45に交換し、前後BT-45に。チマメッタさんの魔法の皮むき液処理済みとは言え、用心して少しずつペースアップ&バンク角アップしてゆきます。

って、用心して走ってもフロントが重くなり、若干粘るような感覚がハッキリ。ペースアップしても印象はあまり変わらず。以前のタイヤ重量計測でG511が600gも軽い…の違いが出ている(ような)気がします。

一方で、ペースアップしてもバンク&旋回中のグリップ的不安は全く?無し!アクセル開け開けで旋回できて、これが快感。をを、まだ開けられるぅぅ!みたいな驚きと喜び。G511では心の片隅でちょっと様子見しながら、って感じでしたから、やっぱBT-45のフリーダム感?はすごいな、と。

でもでも、G511の軽快感もまた大きな魅力で、BT-45はタイヤに乗せられちゃってるような気も...どちらを選ぶか?となったらG511かなぁ…バイクが軽く動くのって気持ちイイ。

なんだけど、加えてBT-45のウエット時の安心感はホント大きいし…なるべく雨の日乗らないようにして春夏秋はG511で冬場はBT-45がいい?無理か…。

と、前後BT-45にしてみて、ちょっと走って、もう一つ思ったのは最新バイアスのダンロップGP601なんて履いたら、それこそワタクシにはオーバースペックすぎるのではないか?なんて不安もチラホラ。


April 22, 2015

1号 タイヤ交換 リアマスターインナー交換【15 タイヤ交換】




2月頭にFタイヤを発注してから、もうかれこれ3ヶ月(汗)(汗) ようやくFタイヤをチマメッタさんのところで交換してもらいました。...そもそも去年の秋には交換時期になっていたから、いやはや長かった…。

で、前回交換は...こちらも調べてビックリ、2年前! Fタイヤを2年使うって今の山間部に越してきて以来初めてかも。前回は走行74,399km時で、今回82,813km。8,414kmの走行で、減りの方はいつもと一緒…なので画像は無し。...B&Lは保つなぁ。

銘柄はブリヂストンのB&L G511から同BT-45に戻しました。これでようやく前後BT-45になり、このセットを使い切ったらダンロップの最新バイアスタイヤGP601にしてみようかな、なんて考えていますが、どうなることやら。

それと…10日程前に突然リアブレーキが抜けまして…結局自分ではどうにもできず、タイヤ交換と合わせてチマメッタさんに直してもらいました。リアマスター...ブレンボの1/2...のインナーがダメになっていたようで、チマメッタさんの中古ストック品で復活。リアブレーキが使えるようになって心底ホッ。

お亡くなりになったリアマスターのインナー…これも思えば10数年OH無しで使っていたことに気づいて自己嫌悪…なるべくしてなった…と言うことか…(汗)(汗)

ところで、タイヤ交換とリアマスター診断の合間に、チマメッタさんがレストアしたブリヂストンBS90ツーリング、という50年前の2st単気筒バイクでミニソロツーリング♪と相成りまして...。

チマメッタさんのお店one foot(入間市)を出て、山の見える方向へ当てもなく...すると道々道路案内表示板に青梅だの奥多摩だのが現れて、奥多摩がワタクシを呼んでいる!とテンションアップ...勢い余って奥多摩の大麦代駐車場まで行ってしまい、いきなり80kmほどの走行になりました。

疲れたけど楽しかった!&チマメッタさんありがとうございましたっ!

走行:82,859km (+52,000km)


May 16, 2013

1号 タイヤ交換 フォークオイル交換 Fブレーキパッド交換【13タイヤ交換】


3ヶ月ぶりの更新。

今日、チマメッタさんのところでタイヤ交換に併せてフォークオイル/ Fブレーキパッド交換もしてもらったので、ちゃんと記録しなくちゃ、と自分にムチ打って(汗)

...GWにエモリさんとデリーベイで会ったりしたんですが、レポとか書けなくてすいません、エモリさん<(_ _)>

タイヤ交換
交換はFタイヤのみ。銘柄は引き続きブリヂストンのB&L G511。前回交換時の走行距離67,294km、今回74,399kmで、7,105km走行。使用期間はほぼ1年。状態は↓



BT45ではこうなるのに3〜4,000kmがG&Lでは7,000kmだから、倍近く使えるようで、お得感はある。ものの...低温時のBT45安心感は捨てがたく、次はどうするか迷い中。

B&Lの摩耗Fタイヤの重さは2.5kgで、新品時は3.0kgでちょうど500g減でした。

交換時チマメッタさんが言ってましたが、新品入れたらフロントの車高が高くなった。これが走り出して実感できました。今回も魔法の液体で新品タイヤを拭き拭きしてもらったおかげでニュルっと滑らず、穏やかな気分で帰路に。

ところが...Rタイヤの挙動が変。FよりRが先に倒れ込むと言うか切れ込むと言うか、とにかく絶対変。低温時、Rの挙動のほうが怖かったので、B&LのRには未練無し。次は前後銘柄が違ってしまうけどRタイヤはBT45に決めました。...早く換えたい。

フォークオイル交換
今回ヤマハ純正フォークオイルの10番にしました。1年以上使ったからか、相当汚れていました。摩耗タイヤと合わせて、ハンドリングの劣化を招いていたはず。...実際進入の倒し込みがちょっと怖いのと、旋回が若干アンダーになってました。

一昨年9月のもらい事故の際、フォークオイルをルネッサのマニュアル指定の5番にしたら、ノーマルルネッサでは違和感無かったのに、1号にはフワフワすぎて合いませんでした。次に7.5番相当を入れて、まぁ、こんなものかなぁ?

そして今回の10番。タイヤは新品だし、帰りは大垂水峠で土砂降りに遭って、いつものようには走れませんでしたが、なかなかイイ感じのような気がします。今度30号あたりを走って感触を確かめてみたいです。ちなみにこの3回のオイル量は規定値でオイルの番手のみ変更しています。

そうそう、Rサスは現在デイトナショーワのSR用です。

ブレーキパッド
チマメッタさんのところへ向かう途中にある八王子のドライバースタンド2輪かんで調達。デイトナのゴールデンパッド。前のパッドはいつ換えたか忘れた(汗)たしかブレンボ純正パッド。残り1mmで、かなりフィーリングが落ちてました。

交換後。やっぱいいですね、新品パッド。

と言うことでチマメッタさん、長野BS LTDさん、お世話になりました、ありがとうございました〜。

走行:74,446km (+52,000km)
燃費:38.9km/L (249.4km/7.15L,147円/1L) ←先日のツーリング燃費


November 29, 2012

冬を迎えるブリヂストンG&L【12タイヤ交換】


月に一度の更新...ギリギリセーフ...って、一月更新がないと広告が...とかの縛りはないんですけど(汗) とにかくリハビリ、リハビリ。



11月は山梨市のデリーベイに4DN系の皆さんで集まったり、つい先日はmucchiさん主催の小排気量友の会のプチツーリングに参加したり...かろうじて週一頻度で1号を動かしておりました。...たくさんお世話になったのに、ここでの報告ができておらず申し訳ありません、皆様<(_ _)>



今日は平日休みで、鳥沢の喜楽にチャーシュー麺食べにひとっ走り。このところ、走ろうと決めた日の前日に雨が降り、当日は晴れているものの、路面は微妙...なタイミングばかりでした。今日は久しぶりにドライ路面ということもあって、これまた久しぶりに場所場所ピンポイントでしたがガッツリ開けられる場面もありまして、フロントサイドも久しぶりに溶けました。

珍しく?エンジンの調子もよく、中速域でモリモリとトルクが盛り上がり(当社比)、「Vブースト再装着はまだ先でいいかもね?」ってほどでしたから、余計に楽しかったです。

とは言うものの、今年5月に新規導入したブリヂストンのG&Lと言うタイヤ。路面温度低下とともにBT45比、グリップ感?が怪しくなってきたんです。テンション上げ目ではBT45と同じつもりでコーナー侵入すると微妙に滑る場面が。...夏場はBT45比ほとんど気にならなかっただけに?ちょっとショック。

特にタイヤが暖まってない時や、路面温度が低い今時の早朝など。ちょっと怖いです。もっとも、普通に?走っていれば無問題。タイヤが暖まっていない走り出し直後や冬季の早朝など、そもそも飛ばす方がいけないんですから、言い掛かりに近いワタクシの印象ではあります、はい。

摩耗性は当初BT45並のペースっぽかったですが、現在交換後5,300km走行してフロント右サイドがスリック化。BT45の1.5倍以上保ってるでしょうか。一方でリアはセンターの摩耗がBT45より早いのが不思議。スリップサインが近づいてきています。G&Lの場合前後同時交換になりそうです。

先日参加した小排気量友の会ではREIさんのCG125が奇遇にも同じタイヤを履いていて、そのREIさんに聞けば「路面温度が低いとグリップが心細い」と同様の印象で、おお、ワタクシの独りよがりではなかったのね、とホッとしました?

そうそう、デリーベイのオフミでは長野BS LTDさんがワタクシのG&Lの印象を聞いて「やっぱりG&Lを(自分の)ルネッサに入れるのやめた」って...ずるい〜〜〜!!!(笑)

G&Lはフロントがもう一本あるので、もう一度前後G&Lにして、来年春過ぎあたりでBT45に戻す予定です。

走行:72,651km (+52,000km)


May 21, 2012

1号 久しぶりに銘柄変更【12タイヤ交換】




18日(金)、平日休みを利用してチマメッタさんにタイヤ交換してもらいました。タイヤは...なんと?BT45をやめて、同じブリヂストンのチューブ用タイヤ「G&L」です。...ブリヂストンのG&Lサイトはここ

長野BS LTDさんが「こんなタイヤもありまっせ」と教えてくださったのがきっかけ。...教えてもらうまでこのタイヤの存在を知りませんでした(汗) ...ちなみにホンダGB250クラブマンの純正タイヤだったそうです。

変えた理由は...何と言ってもBT45に比べてお安い。ハイグリップタイヤじゃないから長持ちするんじゃないか?そして、チューブ用だからBT45より軽いんじゃないか?でもグリップが若干落ちるのはそれなりに不安。でもでも、グリップそこそこだったミシュランのA39/M39は好きだったし...いろいろ悩んで決めました。

さて、交換中にタイヤの重さを計測すると...

・BT45のフロント:3.6kg
・G&LのフロントG511:3kg...600g軽い

・BT45のリヤ:5.8kg
・G&LのリヤG510:5.1kg...700g軽い

いずれも標準サイズ。計測は手持ちのバネ量り。BT45は以前レーシングマックス府中店で同じバネ量りで計測したデータ。精密な量りでないですから若干の誤差はあると思います。あくまで参考まで。

交換時の距離は67,294km。前回交換は60,573km。リヤタイヤはまだ山が残っていましたが、銘柄変更なので迷わず前後交換。

計測結果から回転する外側のタイヤでこれだけ軽くなるとけっこう乗り味変わるのでは?なんて期待しつつ、いつもの調子でコーナーに突っ込んであっけなくスリップダウン...はシャレにならない...んでも、ブリヂストンさんが、そんなタイヤを作るわけがないじゃん?この期に及んでいろいろ揺れます。

交換が終わって、ここでチマメッタさん、溶剤で新品タイヤ表面のワックス分を拭き取ってくれました。効果は微妙かも、みたいな話でしたが、走り出してニンマリ。交換直後、軽く倒しこんだだけでお尻に伝わるあの独特の「ヌララッ」とか「ヌルル〜...」感がありません!これには驚きました。

とは言え、調子に乗ってスッテンコロリンは避けたいですから慎重に帰りました。加えてこの日は不安定な天候で(往路途中で雨に降られたり、one footに着いて間もなく1cm大の雹まで降った...)、山方面は近づかずに、帰り道は16号、20号と幹線道路を流れに乗ってダラダラ。

この時のマッタリ走行の初期印象は...真っ先に「軽いじゃん」...バイク全体が軽く感じます。左右への切り返しも軽やか。フロントのサイドがスリック化し三角形になったタイヤからの乗換とは言え、それをさっ引いても軽いです。ニヤニヤです。

乗り心地が良くなり、路面のスムーズなトレース感。サスの性能が上がったような感覚...これは新品タイヤならではのもので、BTでもG&Lでも同じ印象です。

そして、2日後の20日(日)...試乗を兼ねて軽くツーリング。ルートは甲武トンネル、檜原街道、周遊道路、139号松姫峠、中央道側道、30号をグルリひとっ走り。の印象は...

軽さは変わらず。心配していたグリップ感は...ワタクシにはBT45との違いが分かりませんでした(汗)(汗) つまり十分安心して走れました。進入で倒し込んで旋回しつつ、ちょっといじわるしてバンク角を増やしつつアクセルをそりゃーっと開けていっても、ワタクシごときの開け方では滑る気配は皆無。これは気持ちいい♪...ホントは少し滑ってくれた方が気持ちいいのですが...。

と、同時に去年9月のもらい事故以来、すっかり何処かへ消えてしまっていた、あの楽しかったコーナリング感覚が、突然蘇ってきたのです。...タイヤ交換と同時にフロントフォークオイルを標準指定5番から7.5番相当の硬さに戻したのもかなり効いていると思いますけど。最後の30号では、久しぶりに気持ちよく走れましたよ。嬉しかったなぁ。

...ブレーキング感覚とかあれこれ、まだ戻らない部分もあるのですが、焦らず少しずつ...。

と言うことで、あまり期待していなかったのが幸いしたのか、予想以上にイイ感じのタイヤでした。欲を言えば、トレッドパターンが亀甲と言うか、みかんの入っているオレンジ色のアミアミを被せたみたいで...かなり古風なのが...まぁこれはどうしようもないのでガマンガマン。


周遊のふるさと村→川野P間で
それなりに開けてみたら
Fサイドがけっこう溶けてました


これは懐かしい!(笑)
昔のブリヂストンのロゴってまだ残っていたんですね
ビックリ

そうそう、G&Lのトレッド面は左右に深く回り込んでいるため、ワタクシにはエッジまで使い切るのは無理なのでした。特にリアは不可能...。



チマメッタさん、長野BS LTDさん、お世話になりました、ありがとうございました!

走行:67586km (+52,000km)
燃費:37.6km/L (248.4km/6.6L,141円/1L) ←先日のツーリング燃費