June 04, 2008

4DN フォーク設定覚え書き【フォーク設定データ】

AAAさんでFフォークOHを行った際、ヤマハ車の総合整備データ集を見せてもらえました。

いきなり驚いたのは、そこにあった4DN各車のデータのうち、ルネッサの設定がサービスマニュアルとは違うデータだったということでした。

それとSRV250Tのフォークセッティングデータを初めて見ました。これは今後ジールスプリングを試すかもしれない自分には収穫でした。

以下に総合整備データ集の数値を書き出しておきます。

SRV250/250S=オイルレベル(油面):107mm/オイル量:382cc/推奨オイル:G10

SRV250T=オイルレベル(油面):125mm/オイル量:367cc/推奨オイル:G10

ルネッサ=オイルレベル(油面):97mm/オイル量:390cc/推奨オイル:G10

対してルネッサのサービスマニュアルでは...

ルネッサ=オイルレベル(油面):107mm/オイル量:382cc/推奨オイル:G5

とSRVと同じ数値で、推奨オイルのみG5と1ランク柔らかいオイル設定になっています。

総合データ集にあるルネッサの設定では、ルネッサのサービスマニュアル追補版の設定に比べ、オイルは硬めだし、油面も高いし、これって(想像ですが)...ルネッサスプリングが柔らかい分?と鉄リム採用でバネ下が重くなった分?オイル側の設定でダンピングを効かせていることになるのかな?なんて思いましたが。←あてになりません

ちなみにうちのノーマル2号はサービスマニュアル側の設定で、個人的には気に入っています。以前フォークOH時にG10を入れられたときはやや硬めであまり好きではなかったけど、ネットではT採用のジールスプリング+フォークオイルG15で好印象という例が多いので、個人の好みの振幅は大きいようです。

にしても...うーむ...ルネッサのフォーク設定はどちらがメーカーの考えた正しい数値なのでしょう??

AAAさんでルネッサのフォークOHを行う場合、特に指定がなければ総合整備データ集の数値を使うようです。