November 16, 2007

2号 周遊紅葉 名栗湖初訪問【07ツーリング】【07周遊】

ST250乗りのJIROさんを山梨のカレー屋デリーベイにご案内!と以前から約束したり日程調整したりしていたものの、ワタクシの多忙がネックとなって結局お流れになった15日木曜日。が、最後の踏ん張りで15日朝、お仕事を無事納品できちゃった。あれ?

せっかくだからとJIROさんに連絡を取ると午前は仕事が入り、午後から周遊出没予定とのこと。んじゃぁ、ワタクシも適当に向かいます〜となった。JIROさん登場までの間、何をしていようか。単独デリーベイ行きはあまりにあんまりだし、そうだ奥多摩湖の先にある名栗湖を訪れてみよう。またすぐに忙しいのが始まるから、今日がチャンスかも。紅葉も進んで丁度いいかも。給油してまずは周遊を目指した。

2号乗りやすいー!けど俺が乗れてネー!路面濡れてルー!←? 極度の睡眠不足時に分泌される危険なハイテンションホルモン?に脳内を支配されないよう気を付けながら走る。それに2号のFタイヤサイドもすっかりアレだし...。周遊に入るとまぁ4輪の多いこと!さすがに紅葉シーズン。相変わらず工事区間も点在しているし、落ち葉も多いし、紅葉写真を撮りながら周遊を楽しみ、そしてまた後で。未見の地、名栗湖を目指します。

...ツーレポを起こしました。→[こちら]


周遊の紅葉はけっこう進んでいた

走行:17,379km
燃費:30.6km/L (289.4km/9.46L,146円/1L)

'07.12.10.追記
ST250乗りのJIROさんのサイト「JUST CRUSIN'」に当日のレポートがアップされました。Top→MOTOR CYCLE→JOY OF MOTO「嗚呼、幻のカレーツーリング」と進みます。



August 14, 2007

2号 笹子峠-湯ノ沢峠ツーリングレポートアップ【07ツーリング】

10日に行った、笹子峠-デリーベイ-湯ノ沢峠ツーリング。写真をいっぱい撮って、おいしいカレーを食べて、ヒンヤリした空気をいっぱい浴びて、見知らぬ峠道にワクワクして、ちょっぴり観光もして...ご機嫌なツーリングだった。のレポートをHPにアップ。

[こちら]



August 01, 2007

2号 周遊経由小菅村ショートツーリング【07ツーリング】【07周遊】

軽メンテ後、周遊方面に出発。操作系が軽いとバイクまで軽く感じ、気分がいい。

スイスイ進んで周遊。は寒かった!上は霧も出ているし風張峠の気温は16℃。メッシュジャケットは失敗...。しかし、月夜見を過ぎると状況は一変、青空&暖かで救われた。周遊は上を境に檜原側と奥多摩側で気候が違うのだ。奥多摩側はずいぶん下るから当たり前だけど、ぱっと辺りの雰囲気が切り替わるのは何度経験しても驚かされる。...周遊の上一帯では舗装を剥がした路面工事が数カ所にわたって行われていた。秋までかかるそうだ...。

ノーマル2号で誰もいない川野-ふるさと村間を数往復する。今日は1号レベルまでテンションを上げてみる(のは初めてでワクワク)。で結果...わははは!2号速〜い!乗りやすいし、ハングオフ的加重移動で旋回性も高まる。一番の違いは自由度の高さ。まいったね。

ところで今日の目的は周遊を青梅街道側に出る時はいつも右折して奥多摩湖方面に向かうところを左折して小菅村方面に向かうこと。この道、何度か使ったことがあると思うのだが、どんな雰囲気だったかまったく記憶に残っていないからかなり新鮮!のはず。ソロツー最大の楽しみ「「行き当たりバッタリ」を楽しむ。

湖畔のクネクネ道を少し走ると小菅村。入って間もなくの所に「チーちゃんまんじゅう」っておまんじゅう屋さんがあって「きんぴらまんじゅう」を一ついただく。普通においしい。105円。この一つでけっこうお腹がふくらんだ。2つなら昼食になってしまうかも。

食べ終わって松姫峠、上野原方面へ。これまた入って間もなく綺麗な川が目に留まり、川沿いに2号を停め記念写真パチパチ。再び走り出すと懐かしや、原始村の前に出た。ああ、この道かぁ!と少々記憶が蘇る。ここのお蕎麦屋さんは、今の住まいに越して間もなく訪れて、しかしソバ売り切れで食べ逃していたのだ。時間は3時半。厨房のお婆ちゃんに「まだ食べられる?」って聞くと閉店間際だけどいいよ、だって。3年かかって実現だ(大げさ)。自分以外お客のいない古民家風の店内で川沿いの緑を眺めながら、ずずっとソバをすする。ソバ硬い。ごく普通の味。そばの太さが均一でなく、かなりバラバラで、お婆ちゃんが切ってるんだろうな、なんて微笑ましかった。600円也。

画像の表示

小菅村ではアジサイや、ねむの木の花が満開で、うちのほうも山だけど標高の違いを実感させられる。そう言えばさっきのまんじゅう屋さんのおばちゃんが、大雨の昨日はコタツが欲しかったと笑っていた。さぁ戻ろう。

周遊に戻ると常連Aさんとバッタリ。今日はノーマル2号、この際だから「ノーマルルネッサに乗ってみますか?」と提案すると二つ返事。Aさんは「んじゃ俺のバイクに乗ってよ、2台で走ってみます?」なんて言うのでこちらも二つ返事。互いのバイクを交換し一緒に1往復...ってこのAさんの速さは特別で一緒に走ったのはわずか数百メートル。Aさん駆るMyルネッサちゃんがどんどん小さくなって行くぅ〜〜...あっけなく一人ぽっちになって実に孤独なランデブー?だった(笑) 短時間だが情報交換などして、Aさんとお別れ。再び寒〜い周遊を越え、いつもの道々で帰宅。トンネル3つはいずれもほぼ乾いていた。

予定外に散在してしまったが久しぶりの小菅村行きは新鮮だった。

走行距離:157km
所要時間:約5時間

走行:16,214km