May 09, 2009

1号 MOTO-DOGサイレンサー その4【09MOTODOG】


Fキャリパー洗いはパス。

他に短時間でできることは?...ほぼリジットな固定になっているMOTO-DOGサイレンサーの振動対策に移る。MOTO-DOGさんはマフラーステーにブッシュを組んでくれているものの(この気配りには感動しました)、対1号の振動にはやや不安が残る。

経験上、社外サイレンサーをリジット的に固定した場合、シリンダーのスタッドボルト折れが数度起こっており、今のリジット感は将来的に怖いのだ。...特にリアバンクのスタッド折れ修正はショップに頼むと5万コース...。

対策としてマフラーステー上部にアルミカラーを噛ませて外側に出し、外に出た分下部取り付け部にスペースができるから、そこにソフトなダンパーラバーを噛ませた。...これで効果がありますように...。

作業完了は午後6時。試乗はできず。


マフラーステーが出っ張って格好悪い〜...
けど背に腹は代えられぬ(泣)

走行:40,415km (+52,000km)

March 19, 2009

1号 MOTO-DOGサイレンサー その3【09MOTODOG】

装着後山梨往復と18日の周遊往復で、ようやくまとまった距離を走ることがきました。その印象など...

まずは音が変わってきた気がします。オーディオのスピーカーのエージングと同じくサイレンサーにもエージングがあるのでしょうか?(笑)

回転を上げるとともに排気音のトーンが上がるようになり=回転数による音の変化によってコーナー進入の組み立て?みたいのが、やりやすくなりました。...音量も少々上がったような(汗)

そして、周遊でそれなりにガッツリ走ってみると...以前のチタンサイレンサーに比べ+1,000回転使えるようになりました。4速で7,000以上引っ張って、それに車速がついてくるからコーナー脱出後の車速の伸びがノーマル並み?になったような気がします。だからクリップ過ぎてからコーナー脱出時のスピード表示が以前よりアップしました。...旋回スピード自体はヘッポコが残っているため落ちている気がしますけど(汗)

上は濃いのか薄いのかまだ分からないけど、まずはフルタイムVブーストのデフォルトメインジェットサイズ105にしてみようかな。と。

あとは...ちょっと「?」に感じるのは3,500〜4,000あたりでキレイに吹けないところがあるような、ないような...。今後も注意してみましょう。

燃費はチタンサイレンサーの時とあまり変わらない様子。

March 02, 2009

1号 MOTO-DOGサイレンサー その2【09MOTODOG】

15日にMOTO-DOGさんサイレンサー装着初試乗はたったの5km。その後天候不順と腰痛で...んが、辛抱たまらず21日にいつものご近所試乗コースを走ってみた。

ら...腰が痛くて試乗どころでなかった。

が...せっかくだから1周はした(汗)

新サイレンサーはとても音が低い。回転を上げていっても低いまま。は前の印象通り。では、どんな音質か?走るうちにハタと気付いた。犬が威嚇の時に「うぅ〜〜〜〜.....」って唸るでしょ。まさにこれでした。低回転から上までずっと「うぅ〜〜〜〜.....」です。

...MOTO-DOGさんだけに犬?...うひょ?...お前それ...くだらなすぎだから...とか自己嫌悪しました。

さて...下のトルクの立ち上がりポイントが以前のチタンサイレンサーより早いところにあるから、コーナー進入で回転落ちて、クリップ手前でアクセル開けると「ウワッ!」とバイクが前に出る。これは慣れないとちょっと危ないかも。

あとは...うまく書けないけど、エンジンの特性が変わっただけでなく、新サイレンサーは回転が変わっても排気音の音質/音階?音調?の変化が少ないため、従来(自覚しないまま)排気音の変化でライディングのリズムを取っていたのが、できなくなった、ってのが大きいかな。

このへん、不器用なワタクシは即対応なんて無理。こりゃ走り方の組み立てをやり直さないといけないなぁ、もっと乗りたいなぁ、と思いました。

ところでコーナー進入イン側に加重移動を...ここで腰に「ピキッ!」と刺さるような痛みが。そしたらもうピキの恐怖に怖じ気づいて加重移動なんてできません(汗)

で、試乗後腰痛が悪化...あはははは...。




上がMOTO-DOGさん謹製2in1ジョイント部
キッチリ作ってくださいました

MOTO-DOGさんには1号のサイレンサー装着写真を送る約束をしたのですが、良い場所で撮影...がなかなか叶わない〜〜〜のが、また悔しい。

走行:38,984km (+52,000km)

February 16, 2009

1号 MOTO-DOGサイレンサー その1【09MOTODOG】

11日に受けとっていた新しいサイレンサーを、昨日15日夕方にようやく取り付け、そしてたった数分/距離にして5kmだが試乗できました。

制作はMOTO-DOGさんhttp://www.motodog.com/index.htm。4DN系各オフミで見たMOTO-DOG製マフラーの仕事の良さと、みかんさんの「あそこは250の特性を分かっている」というお墨付きを聞くに及んで...のワンオフ依頼となりました。...みかんさんの黒ルネッサもMOTO-DOG製2本出しサイレンサーです。

MOTO-DOGさんには、使用中のチタンサイレンサーとできるだけ同じスタイリングになり、音量は下がるように。仕上げはブラック(デイトナの耐熱ブラック仕上げ)で。2in1ジョイント部分も新造。等の希望を画像付きの仕様書6枚にまとめ、同時にチタンサイレンサーの現物もお送りして制作依頼しました。

完成まで10日ほど。丁度混んでいなかったそうで、早かったですねー。

組み付けはとてもスムーズでした。2in1ジョイントはノーマルエキパイに精度高くキレイにはまったし、サイレンサーと2in1ジョイントは精度が高すぎるほど...ホントはもう少し緩くしてもらって振動を逃がすつもりでしたが(笑) MOTO-DOGさんの仕事の確かさがこんな部分からもヒシヒシと感じられました。

さて期待の試乗...まずは暖気とアイドリング...始動は一発。音質は太めで音程?はかなり低いです。音量はノーマルと前のチタンとの間ぐらい。ブリッピングすると低い音質のまま音量が上がる感じ。

さて走り出しましょう。...時間がなくて本当にご近所を少し走っただけですが...

いきなり下のトルクがすごい。加速を始めるとjunji号に感じが似てるかも、が第一印象。トルクフル&スムーズに加速してゆきます。加速感がスムーズで、チタンのときはドドドッと断続的に路面を蹴る感じが強かったけど、これにはそれがなく、連続的に前に進む感じ。いずれにしろフルタイムVブーストが関係しているんでしょう、ノーマルとは別物。...どっちが良いとかって話ではありませんので...

上はちゃんと確認できませんでした。5000までで自分には必要十分な加速をしたし、上まで回すとスピードが出すぎて今日のルートでは危ないですから。ただ、予想?としてやっぱスムーズには上までいかないかも?ってのはあったな...このへんは周遊に行ってのお楽しみですね。

音量は許容範囲かな。回転が上がっても「ぼぉ〜〜!!!」っと低い音質は変わらないので「こりゃ犬に吠えられるなぁ〜」と思いました(笑)

と言うことで、極短時間の印象では、味わい的(ってなんだ?)にはチタンだけど、性能的にはこっちがまともだなぁ〜って結果でした。どこか走りに行くのが楽しみ。しかし腰痛がぁ〜...。



走行:38,967km (+52,000km)

ところで?この日夕方外に出るまで、仕事や子どもの遊び相手で一日家の中にいました。1号の試乗が終わってメットを脱いだ瞬間「ひぃ〜〜っくっしょん!」「ひぃ〜〜っくっしょん!」「ひぃ〜〜っくっしょん!」...長女が数えたところ、クシャミ20連発だったそうで...これがまた嬉しそうに数えてるんだよなー(悔笑)

とうとう花粉症が本格始動...春です(笑)