December 03, 2009

FMアンテナ接続〜♪【AURA TU50のこと3】


マスプロアンテナFM2組み立てました!←「!」使ってしまうぐらいワタクシには大事件(笑)

これまでの流れを振り返る
・5月に「AURA DESIGN TU-50 FM TUNER」を入手
・6月にTU-50のアンテナ端子がPALタイプであり「PAL-J-FJ」端子が必要と判明
・7月にFM用アンテナ「マスプロアンテナFM2」を入手
・7月に輸入元のユキムさんからTU-50の取り説コピーを入手(FAX)
・9月にchanchさんからPAL端子を入手(TU-50には「メス」端子を使います)
・11月に同軸ケーブル(八木の3Cタイプ/5m)を入手
・12月の今日遂に遂に...(涙)

と、ここまで半年かかりました...。呑気なのか?やる気がないのか?脳に何か障害があるのか?の三位一体?が理由でありましょう...たぶん...。この他以下のような苦労?も...

・TU-50のアンテナケーブル接続端子はBCN端子との情報をネットで拾い
 BCN端子の無線機用アンテナを入手するも「当然」玉砕
・前オーナーからTU-50の端子は「RCA端子」と伺い
 アンテナ用RCA端子を入手するも「当然」玉砕...これはショックだった...

いずれもヤフーオークションにて入手し、損失金額は総額2000円ほどでしょうか...長〜い道のりに感じました...。

手こずるアンテナ組み立て
さて、アンテナ(中古)への同軸ケーブル取り付けも難儀しました。なにしろアンテナケース?が開けないんです。開けないとケーブルとエレメントと言うアルミパイプも付けられない。付属の取り説には開け方書いてないし。ケースのあちこち開きそうな部分にマイナスドライバーこじり入れようとしたりetc...格闘すること30分、なんとかケースを壊す前に御開陳できました。今より10歳若い頃のワタクシだったら「ふが〜〜!」とか力任せに開けようとして壊していたかも?...大人になったものです(汗)

受信だよ♪だがしかし...
無事にアンテナの組立を終え...その形はなんだか第二次世界大戦ドイツ空軍の終戦間際の試作機にありそうな...ブロムウントフォスが作るみたいな形で、親近感が...って何をいっているのやら。

とにかくいよいよTU-50に接続です。ひとまずアンテナを適当なところに置いてPAL端子をはめ込んで電源ON。アンプのセレクターを「TUNER」にし、TU-50のチューニングボタンを押し、FM局の選局。TU-50の黒いディスプレイに黄緑色の周波数がクルクルと表示され、真っ赤な「STEREO」文字が浮かび上がります。てことは受信してるんだよね!?

ものすごい期待感...だって人生初の記念すべきFMチューナーによるステレオ受信ステレオ再生ですからね♪ナムサン!とアンプのボリュームをゆっくりと回してゆくと...

「びびびび....ぶぶぶぶぶぶ....ひゃら〜〜しゅわ〜〜〜...び〜〜〜〜」

...人生初のノイズのステレオ再生?....ですか?...

な〜に他にもFM局はあるのさ♪...めげずに次の局を...

「びびびび....ぶぶぶぶぶぶ....ひゃら〜〜しゅわ〜〜〜...び〜〜〜〜」

...以下繰り返し...

でもですよ、ノイズの向こう側から、なにやら音声が確かに聞こえてきます。

ここで、chanchさんのコメントを思い出しました。アンテナの向き!です。ひとまず最も音声がハッキリ聞こえる局に周波数を固定し、マスプロアンテナを持って室内をウロチョロ...向きを変えたり高さを変えたりすると...「!」ほぼノイズが消える方向が確かにがあります♪

んが、そのままアンテナを持って生活はできません。その場に設置...も無理な場所です。現状屋外には出せませんから、どこかで妥協が必要...と再びアンテナを持ってウロチョロして決まった場所は本棚の上でした。

ひとまず落ち着く
受信できる局が最善の場所より減ってしまいますが、「NHK-FM」と山梨のFM局「FM富士」の2局が受信できました。山梨のもう一つのFM局「FM甲府」は全く入りません。NHK-FMはchanchさんのコメント通り三つ峠の中継局からの電波のようですね。参考「FM放送局周波数票(関東)

ノイズの不思議?
アンテナを屋外に置けないためノイズがあるのは仕方ないとはいえ、もう少しどうにかならないか?だけど為すすべもなく聴き続けていたところ、時間帯によってノイズの増減がある感じ。それと自宅のガス湯沸かし器が稼働中にノイズが増える?さらにはCDプレーヤーの電源を落としたらノイズが増えた!さらにD/Aコンバーターの電源を落としたら、ノイズがずいぶん減りました...なんなんだ〜?

とっても新鮮FM放送ステレオ再生
ということで、コレを書いている今、人生初のFMステレオ再生をプリメインアンプVA80SEとチューナーのTU-50のみ通電し、クリアとはいかないもののそこそこノイズが少ない状態で楽しんでいます。

リスニングポイントで聴くとDJがSPのセンターに浮いているのは不思議というか新鮮だなぁ〜。自分からは聴かないクラシック(オーケストラ)がSP間に広がっています。ステレオだから当たり前と分かっていても新鮮...けどすぐに慣れちゃうんだろうな。

これで世界の知らない素敵な音楽に出会えるといいな。今までは半日回しっぱなしのCDプレーヤーの負担が大幅に減って長く使えるといいな。楽しみ♪

chanchさん、PAL端子はじめアレコレご協力いただきありがとうございました。多謝!

July 24, 2009

なかなか聴けない...【AURA TU50のこと2】




5月頭に入手以来未だに音出しできずにいるFMチューナーAURA TU-50。先日FMアンテナを入手したものの、チューナー側のアンテナ接続端子が独特で一般的な端子に変換する(格安)コネクターを通販で探して、これも昨日届いた。

さぁ、あとは同軸ケーブルをホームセンターで買うだけだ!

のはずだったんですよ...なのに届いた変換コネクターを試しに付けてみたら、あらら?微妙に合わない使えない...。

出品者さんの説明ではチューナーの端子はRCAタイプとのことで、購入したコネクターは「RCA(メス)→BNC」変換タイプ...なのにNG...どうなってるの?チューナーから出ている端子はRCAにそっくりだけど、どうやら違う規格らしい。

TU-50アンテナ情報はネットで調べても出てこない。まいったねこりゃ。それに絶版になって久しい製品だから元の輸入元に問い合わせて、門前払いだったら嫌だなぁ...なんて問い合わせをしていなかった...一種のネット依存症か?(汗)

こうなると藁にもすがる思いで、元の輸入元ユキムさんに電話で問い合わせてみましたよ。そしたらあっけないほど?丁寧に回答をいただけました。

TU-50のアンテナ端子は「ヨーロッパ規格」...だけど具体的な端子名は不明。秋葉原なら「ヨーロッパ規格」で探すと手に入るはず。との答えで、な〜んだRCAタイプではなかったのだ。

もしかして出品者さんはTU-50を使っていなかった?飾っていた?まぁそれも理解できますけど。実際ワタクシも早2ヶ月飾ったままで平気だし(笑) ...当然新品時には変換アダプターが付属していたと思われますからTU-50は過去複数オーナーの手元を渡り歩いてきたのでしょうね...

いずれにしろ初めから輸入元に問い合わせればよかった...ずいぶん遠回りしちゃいました...。

嬉しかったのは、おそるおそる「ちなみに取り説は出ますか?」の問いに快く「コピーでしたらFAXできますよ」と言ってくれたこと。なんて優しいんだユキムさん!好感度大アップ。...スキャンテックさんの冷めた対応を考えると夢のよう... 二つ返事でありがた〜くFAXを送っていただきました。感謝感謝!

さて、肝心の「ヨーロッパ規格端子」...このキーワードで検索すると出てきました。ヨーロッパのTVやチューナーの端子に「PAL端子」ってのがあって、これに間違いなし。しかし日本ではマイナーらしい。引き続きネットで探すと通販しているところもありますが、送料が高い...ので、せっかくだからヒマみて秋葉原詣でして入手しましょう。と決めました。

と言うことで必要なのは...PAL端子→F端子変換コネクタ「PAL-J-FJ」と備忘録。8月中には聴けるかな〜?

July 06, 2009

アンテナ入手で一歩前進 【AURA TU50のこと1】




5月頭にFMチューナーを入手して以来、安いFMアンテナ探しを続けてちょうど2ヶ月。この間、電波は受信できないから音は出せていない。時折通電させて液晶表示を見ては受信できたときの喜びを想像してニヤニヤしているだけの日々。

ここに来てアンテナをようやく手に入れることができましたよっと。落札価格490円に大喜びしたのもつかの間、出品地が遠く送料が落札価格の3倍でした(泣)...そして届いたFMアンテナは想像以上に大きかった...部屋の中に設置するつもりだったがちょっと無理かも...。

それはともかく、あとはケーブルをDIY店で入手...これは簡単だし安い。問題はチューナーへの接続端子...うちのはチューナーとしては珍しいタイプなので秋葉行き必至かな?端子1個を通販?う〜ん...とにかく入手して、アンテナを設置...7月中には受信できるようにしたいぞ、っと。