August 28, 2009

夏休みもそろそろ終わり【09式根島】



バイバイ式根島また来年...も行きたいなぁ...
大型船サルビア丸のデッキから

そろそろ夏休みも終わりで、楽しかった式根島の出来事はまるで遠い昔の記憶のよう。



年間通して我が家最大のお楽しみ「夏休み式根島家族旅行」...なんとか今年も行くことができました。...実家に眠らせていた(今となっては)レアバイクパーツをいくつ処分したろうか...かろうじて旅費を捻出しましたよ。

7月下旬から母子が先に式根入り。式根のキャンプ場は無料で宿代浮かせてその分長く...今年は10日もキャンプしたんだね。ワタクシは後から上陸しキャンプ2泊、そして最後の2日間を家族揃っていつもの民宿でリラックス。

母子に合流したキャンプ8日目、さすがの?子ども達も「もうキャンプ飽きた」「最後の方は朝昼晩ごはんとふりかけばっかりだし」だって(汗)...そんな後の民宿泊は、それはもう天国?

それにしても今年は8月に入っても梅雨は明けず、この間すっきり晴れたのはたったの2日間(笑) 曇りの日は水温が上がらず子ども達はブルブル震えながら海水浴や磯遊びを楽しんでおりました。


帰る前日ようやくカラッと晴れました
朝から夕方まで泊海岸(とまりかいがん)にて海水浴三昧
遠浅&外海がそこそこ荒れていてもここまで波が来ないから
親子が安心して楽しめる海岸です

ワタクシ合流の日夕方には、奥さんの友人はじめ5家族が大挙してキャンプ場に登場。子どもが一気に増えて、うちの子ども達も遊び相手がたくさんで、不順な天気でも飽きずに済んだよう。

子ども達どうしで遊びはじめた雨の日。成り行きでワタクシ自由時間ができちゃって、式根に通うようになって初めて島の西側を散策することにしました。

移動手段は徒歩のみ。鬱蒼としたハイキングコースをひたすら歩き続け、何カ所かある展望ポイントを見学。西側ぐるり一周を4時間ほど掛けて、東側とは別世界の断崖絶壁風景を満喫できたのは、これはこれで楽しかった。


浜津城(はまづしろ)にて...
ここはちょいと危険なポイントなので
最近はあまりおおっぴらに観光案内されていない様子
その分迫力満点だった(高所恐怖症なのでビビリまくり)

最後の2泊、今年も変わらず民宿さんにはとても良くしてもらって、4歳から通いはじめた長女はとうとう民宿のお手伝いまで始めたからオーナーさんも大喜び。長女も楽しいようで「来年は一ヶ月民宿で働くんだ♪」とやる気満々なのには、お父さんちょっと寂しかったりして...って小学生なんだからバイトは無理ですよ(笑)

来年も行きたい!


キャンプ場すぐ目の前が大浦海岸
ここの夕陽は何度見ても素晴らしい

...式根島は、特に家族連れにとても良いところなので、来年の夏休みは是非!...と宣伝。

式根島HP
式根島観光協会HP

August 10, 2008

年に一度の贅沢時間 夏休み家族旅行【08式根島】


4日から母子が先行して現地入り。はキャンプ3泊し、仕事で居残りだったワタクシは6日午前中ショートツーリングを済ませ(苦笑)、深夜竹柴桟橋にて客船に乗り込み、翌7日朝に現地入り。...今年初めて2等椅子席を使ったら(座敷がとれなかった)、尻が痛くて&若者がうるさくて熟睡できなかったのが残念...。


白い船と青い空青い海のコントラスト&船のすぐ横を
トビウオが飛んだりして船旅気分が盛り上がります

母子とキャンプ場で合流し、家族で一泳ぎしてからいつもお世話になっている民宿に揃って移動。ここに2泊して9日深夜無事帰宅しました(中央線の人身事故の影響で帰りがけっこう大変...次女が熱を出しちゃってるのに電車が動かない!焦ったです...)。

さてさて、母子が利用したキャンプ場(無料)はすぐ目の前がビーチになっていて、その海はとてもキレイでビーチは白っぽい砂浜で、空いていて、子どもも大人も好き勝手に海に遊びにいけちゃって、勝手気ままなキャンプ海水浴。すんごい贅沢な感じを味わえます。


右端が我が家のテント
目と鼻の先に海ってのはかなりポイント高いです

そして、勝手気ままとは言え灼熱のキャンプ場、から布団の上げ下げ以外まかない付きの民宿で、ほげ〜っとした時間を...いや、なんだかんだで慌ただしく、また海遊び。たっぷり遊んで宿に戻って一風呂浴びたらボリュームたっぷり&捕れたて鮮魚の夕食に舌鼓をうつ。これまたキャンプとはまた違った贅沢をまさに味わって...食べ過ぎて体重2kg増えました(汗)

次女は、今年とうとう海を怖がらなくなり一安心。長女は今年本格的?水中メガネデビュー(シュノーケルはまだだなぁ)。長女に浮き輪を持たせ手を繋ぎ、遊泳禁止地帯ギリギリまで沖に出てお魚鑑賞(今年は魚影が豊富だった!)。そして沖の岩場に上がって海にダイブして遊んだり(コレ最高に面白い)。

夕方、次女はお昼寝。奥さんは宿備え付けのマンガに没頭(笑) ワタクシと長女の二人はレンタル自転車漕いで島半周。マイナースポット観光を(急ぎ足でしたが)楽しみました。坂だらけの山暮らし故、普段は自転車生活皆無。長女にはここでの自転車移動が楽しくて仕方ない。のですが、島は坂道が多くて長くて、登りは1/3自転車を降りて押し歩いていましたが(笑)

今回は、この島を訪れるようになって以来の好天に恵まれて、充実した家族旅行になりました。めでたしめでたし。


島の観光ポスターでお馴染みの泊海岸
早朝6時は人影無しで貸し切り気分

ところで、キャンプ場にはセローが1台おりまして、この島で250ccを見るのは初めて(白バイは毎年上陸している/カブはたまに見る)。ちょうどオーナーさんがいて、あれこれお話しを伺うと...

客船は250ccまでOK(とは知りませんでした)。この方、東京都北西部にお住まいで、以前カブで来たら竹下桟橋にたどり着くまでにくたびれ果てて懲りた。今回セローは正解でした、とのこと。...島に滞在中、何度かお会いしたのだけど、いずれも次女連れで「おとうさん早く行こう!(泣)」攻撃を受け、写真すら撮れず残念だった..。

東海汽船のサイトをよぉ〜く見たら、バイク持ち込みの案内がありましたありました。(片道)50未満が2,430円 、50〜125未満が4,850円 、125〜250未満が7,280円。個人的には125あたりがコストと機動性のバランスがとれて楽しいだろうなぁ〜!と妄想。

で、この方なんと帰りの船も一緒だったようで、竹下桟橋からぶぅ〜〜っと走り去る後姿を寂しく?見送ったのでありました。いいなぁ、バイクで島の旅。

August 26, 2007

家族島旅行【07式根島】


21日から家族で式根島に行きました。仕事とバイクとオーディオと家事と...いろいろ忘れて子ども達といっぱいいっぱい遊んだ数日間。今年は何年ぶりだろう天気と水温にも恵まれて、いつもの民宿さんにもよくしてもらって、できるならあと2〜3日延滞したかった...そんな後ろ髪引かれる思いで...でも無事帰宅はやっぱりそれはそれでホッとした。


早朝の一人散歩 無人の泊海岸と島の空