December 10, 2009

アキバ【09AUDIOその他 その8】


7日、仕事先の忘年会にお呼ばれされて久しぶりに都内に出ました。お酒を飲むので電車。タマにはいいですね、電車。最寄り駅から次の乗り換え駅までは空いていて、景色ものどかですから、駅前で買った菓子パンをほおばりながらガタゴト呑気な旅気分。

久しぶりの都内行き。せっかくなので旧友に一声掛けて、信濃町のタイカレー屋メーヤウで一緒にランチ。は2年ぶり。学生時代の印象が支配しているからだろうか、おばちゃんに見えなくて、なんだかうれしかった。←?

メーヤウを出て喫茶店でお喋り。すっかり話し込んでしまって気が付いたら3時すぎ(汗) 今回こそはアキバ行き!も大きな楽しみでしたから総武線に飛び乗りいざ秋葉原。

電気街出口は工事中でまったく別の駅に降り立ったみたい...なのは秋葉原電気街も同じで、噂通りフィギアの店やメイド喫茶、膝枕耳かきのお店がそこかしこ。すごいわ...。

その辺の見学は後回しで、まずは本題真空管を求めて電子パーツを売る小さな店が集まったラジオデパートだの、ラジオナントカだのに行ったら一部インド系?の店が入っていたりして「こ、ここは香港の重慶(チョンキン)マンションか!?」な〜んて記憶のフィードバック?すごいドキドキしちゃいました。いや嬉しくて。インド人がやるカレー屋があれば文句無しだったけど。とにかくアジアしてた。

さて真空管関連のお店へGO。まずは春日無線へ。オリジナルの真空管アンプキットの完成品が何種類も並んでいてトキメイタ。いつか作ってみたいなぁ、とか。真空管の値段をチェック。

次はキョードー。んが、今日は4時で閉めるから、ってシャッター降ろしている最中でした。おまけに月曜定休の店が多いそうでガックリ感マックスですよ。アムトランスは閉まってました。

泣きついてカリプソ用にプリ管12AX7を1本出してもらいました。TRONALってロシアのメーカー?のです。1本1200円也。エレハモってのが欲しかったけどキョードーさんでは扱ってないそうで。

欲しい物が手に入ったのであとはアキバ見物。引き続き(見てもよく分からないけど)パーツ屋さんを見て回り、ケーブル屋さんのオヤイデ見て、ダイナミックオーディオの中古店へ。

お次はその向かいにあるダイナミックオーディオの本店?は昔はガード下にあったけど引っ越したんですね。ここはなにせ「ハイエンド」なんで「ジエンド」なワタクシは怖じ気づいちゃって1階だけ見て終わっちゃいました。情けない。っておやじギャグが何より情けない。...オーディオユニオンみたいな雰囲気のほうが好きだな...(笑)

続いてコイズミ無線(だったかな?)。自作スピーカー屋さん。ここは初めて行きました。店内にはSPユニットがゴーロゴロ!サランネットとか、ネットワーク用のパーツ、SP箱とかいろいろ新鮮でした。そうそう江川工房のアクセサリーが売ってて感動した!←?

ここで外はもう真っ暗。線路の向こう側にあるヨドバシカメラには今回もたどり着けませんでした。駅に向かう途中の路地裏に「ラーメン380円」って看板を見つけて立ち寄り。関取ラーメンって言ったかな?普通に美味しかったです。

最後に駅前のフィギアのビルへ。いやーすごい。すごいとしか言いようがない。ワタクシぐらいの年代のおっさんが何人か迷い込んでいて、すれ違いざまに「いやぁすごいな」って独り言が聞こえて笑いましたよ。思うこと同じだね、って。外国からの観光客も喜ぶだろうなぁ。ホント別世界。

ここで時間切れ、門前仲町へ。楽しく呑んでお帰り。電車の中で我慢できずに、さっき買った真空管をリュックから取り出して見ちゃいましたよ。酔った勢いじゃないと思う。素朴に嬉しかったんだもん。

今日(昨日)は真空管を交換してずっと音出し中。音の違い?もちろんよく分かりません。なんだかこぢんまりというか響きが薄まったと言うか...なんかイマイチ。しばらく聴き続けてこの印象が消えないようなら元に戻そうかとも思っています。今のところ前の真空管のほうが好き。あとノイズが多い...と、なんとか違いを見出そうという怨念がそう聴こえさせているのかもしれませんけど。とにかくどっちにしろ楽しいのは確か。

また行きたいな♪...月曜に行かないように注意しなくては(汗)


November 30, 2009

最近の出来事【09AUDIOその他 その7】


Aura TU-50のアンテナその後
先日秋葉原行きが流れたので、津久井のホームセンターで、ですが、ようやく、ようやく...FMアンテナに使えるの同軸ケーブルを購入。以前chanchさんが買ってきてくださったPAL端子PAL-J-FJとそのケーブルを合体しました。残る作業はFMアンテナの組み立てとアンテナの設置です。

ケーブルは細い「3C」タイプ。YAGI(八木アンテナ株式会社)のUHF/VHF同軸ケーブル(75Ω)、5m...300円ぐらいだったかな?できあがった端子+ケーブルをTU-50に接続し(アンテナ無しで)受信できるか試したけどダメでした...ちゃんとアンテナを組み立てなくては(笑) 来月こそFM聴くぞ!(汗)

久しぶり実家オーディオ
28日はオヤジの法事で実家行き。同じ日、次女は幼稚園の用事があって奥さんとお留守番。久しぶりに長女と二人でロゴに乗って実家を訪れました。次女がいないからでしょう、小五の長女はお父さんと二人きりが嬉しくてしかたない様子。スキあらば「お父さん、おんぶ〜!」なんて背中に飛びついてきておかしかった。お姉ちゃんだって甘えたいんだよね。...一方お留守番の次女は、前日「一緒に行きたい〜〜」って泣いちゃって大変でした(笑)

法事終了後、夜遅く道が空くまでの数時間、持ち込んだ仕事をしながら軽く音楽鑑賞...と言うよりは各オーディオ機器の動作確認...ってレベルでしたが...それでもそれなりに癒されました。やはり実家のほうが音場の静けさ?が勝っているようで、ミュージシャンの世界に引き込まれる感が強く気持ちいいです。いつも心配なマイクロメガはほぼ問題無し。特定のCDで最初ちょいと音飛びエラーが出る場合があるのはいつものこと...。

ミュージカルフィデリティMC-2をバイワイヤリング接続と老眼
実家でバイワイヤリングしているCL310からSPケーブルを外して持ち帰り、ようやくMC-2はバイワイヤリング接続となりました。ゆっくり集中して聴けていないので、聴ける機会を待とうと思います。...小音量BGM聴き流しでは、今のところ違いはよくわかりません(汗)

そうそう、MC-2のSPケーブル端子は小振りなタイプで、ケーブルを通す穴も細いのです。DENONの安いケーブルでもギリギリ通るぐらい。小さな穴にケーブルを差し込もうと顔を近づけるとボケちゃってよく見えない!...老眼です...。最近は次女の爪切りも直射日光の当たる所じゃないとよく見えなくなってきましたよ。なんだか縁側で孫を膝に乗せて日向ぼっこしているおじいちゃんの気分を早くも味わっているような...(笑)

仕方ないのでMC-2を明るい方に向けて、メガネを外してSP端子に顔を近づけ裸眼でガン見しつつ、どうにかケーブルを差し込みました。不便だにゃ〜。

製品レビュー発掘
あれこれ手に入れたオーディオ誌バックナンバーの中に手持ち機器の当時のレビューをいくつか見つけてるのですが、画像を貼れないのもあって、記事にする気力が湧きません。ブログ引っ越し後ですね(いつになるか分からないけど)。それとタイピングしやすいキーボードを探さなくては。


October 02, 2009

THE DURUTTI COLUMNのリマスター盤比較【09AUDIOその他 その6】




2ヶ月ぶりです。長かった...。

実家に着くととるものもとりあえずシステムの電源ON。電源投入は上流側から、って約束らしいのでマイクロメガ→ML-7L→DB-6Mの順でON。夕食を終えておふくろとあれこれお喋りして午後22時から午前4時まで楽しみました。ビールを飲んだにも関わらず2ヶ月ぶりとあって気合い?が入っていたのでしょう、睡魔のお誘いはやってきませんでした。...いつものようにCD1枚2曲目で沈没していたらショックだったろうなぁ...。

マイクロメガにCD...WIG SMITHのA means of escape through a heageをセットしてPLAYボタンを押すと少し間が空いてミッション700から音が...この瞬間「わ〜...(鳥肌)」でした。家のシステムとは空気感が別物!だけどこれほど違ったっけ?ってぐらい...とりわけヴォーカルの気配が鮮明なんです。ヴォーカルの周囲の空気までも感じるような...これでぐおお〜っと音楽に引き込まれてゆきます。ああ幸せ。

...ところで2ヶ月ご無沙汰していて一番の心配はマイクロメガの健康状態...長期未通電で健康を害してはいないか?...は大丈夫でした。何事もなく再生を始めてくれて心底ホッとしました。

お気に入りのCDを数枚気持ちよく楽しんで、今日はゆとりがあるのでさらに久しぶりのアナログレコードにも手を伸ばしました。現在稼動状態にあるのはトランスクリプター+SME3009+シュアーV15タイプ3ですが、十分気持ちよいです。と同時にもっと気持ちいいSOTA+エミネントテクノロジー+アキュフェーズもどうにかラインに入れたいなぁ、とも思いました。...SOTAは大きな別体強化電源やエアポンプ等付随物の設置スペースも必要だから、狭くて散らかった部屋の中では引っ越しが難しいのです。

さてさて、締めは最近リリースされたドゥルッティコラムの初期4作品リマスター盤(THE DURUTTI COLUMN/FOUR FACTORY RECORDS)と'80頃リリースのアナログレコードUKオリジナル盤と'87リリースのCD国内盤の聴き比べ...選んだ作品は3rdアルバムの「Another Setting」です。リマスターされてどう聴こえるのか?どきどきわくわく。...未発表音源+初期ライブのCDが2枚ついた6枚組限定1175セット...お値段はルネッサのタイヤ1本分...でもこれは買うしかないもんなぁ...複雑〜...。



実家のシステムで再生したリマスター盤は音圧が高く(ボリュームノブを少し回しただけで大音量になる)、クッキリハッキリあらゆる所に照明が当たったよう...長年馴染んできた、深くてくすんだ世界とはずいぶん変わって、一種筋肉質な演奏にも感じられ...個人的には、う〜ん...な感じ。

ちなみに、音の感じはアナログレコードと昔の国内盤CDの音が近くて、リマスター盤は別物。曲によってはミックス変えた?なんて思うのも...大袈裟かな?今回Viniさんはリマスターに立ち会ったのかな?こっち(リマスター)を気に入ったのかな?最近の音作りを考えるとリマスターが好きかもしれないかな?とかとか。

な〜んて、分かった風な?こと書いてますが、比較試聴なんてのは特別なイベントであって、普段聴きならリマスターは鮮度が高くて、音が近く聴こえて気持ちいいかもだし、ダラッと聴いているから気にならない...なんですけどね。とにかく面白いイベントでした。

で、この比較試聴でやっぱアナログレコード気持ちええわぁ〜と再確認しました。...なんだけどブラインドで聴いたら聴き分ける自信ないですけどねっ!(汗)



ミッション700は調子よかった。音がスピーカーの外側にも広がって、曲によってはSPの外側奥に楽器が定位して(いるように聴こえて)ステキでした。これで気をよくして?もう1つのシステム...VRDS-7+DB-1B+ロバートソンオーディオ4010+ELAC310にも通電開始。310は相変わらず冷静に正しい再生?って感じです。(ヴォーカルの)高さも出ます。残念なのは相変わらずSPに絡みついて音離れしない音がある...同じ曲でも700はフッと離れるんですが...セッティングなんでしょうねぇ...。

過去SPが310だけの時にけっこうSP位置調整したけれどこの時も良い結果を導き出せませんでした。...それでフルレンジはどうだろう?とかイギリスのSPはどうだろう?なんて浮気心が出て、栗スピーカーや700を増やしていった、ってのもあったりして。とにかく位置だけでなくいろいろ要素が絡み合っているのか?310の能力には部屋が狭すぎるのかな?悩ましいところです。

それでも翌日実家を出る間際に聴いた時は4010くんが暖まったのかイイ感じにはなってきていました。逆に700がちょっと張り切りすぎ?になったり...耳が慣れてきて700の余分な音?雑味感?が気になってくるのかもしれません。その点310は新しめのSPだけあって(手持ちの中では)静かです。...といろいろ妄想(笑)

実家行きは長くて2〜3泊だから、聴き続けて調整ができないのが残念。


July 27, 2009

なかなか聴けない...2【09AUDIOその他 その5】




やっと出てきた!...ヘッドフォン。

家族旅行に向け、必要な衣類を探すため押入の衣類ケースをあれこれ引っ張り出していたら、その中から出てきた...なんで?...は、その時ヘッドフォンをそこにしまい込んだ、その時のワタクシにしか分からない...(汗)

とにかく出てきた、のだ。

こっちのオーディオシステム...AuraのアンプとTEACのCDPにはヘッドフォン端子が付いているから、これでよ〜やく、よぉ〜〜やく、オーディオベーシック誌付録のバイノーラル録音を楽しめますよ♪

と喜んだのもつかの間、ヘッドフォン側の端子がミニジャック...なのでアンプの端子に合わない、聴けない、やるせない。

太いタイプに変換するジャックは多分実家...かなぁ?でも整理整頓をつかさどる部分が欠落しているにちがいない脳味噌搭載のワタクシのことですから出てこない可能性大。

とにかく変換ジャックを調達したい。ジャックを見るとねじ込みタイプでホームセンターに置いてる汎用とは違う感じ?メーカーはオーディオテクニカだから、躊躇なく即行で問い合わせました。つい先日のPAL端子の件もありますしね...。

ネット検索し、HPにアクセスすればすぐに問い合わせ先がわかり、フリーダイヤルで電話をすれば、懇切丁寧な対応が待っていた。いや、担当さんは丁寧さがまだ身に付いていないようで、丁寧語を噛んでばっかりで、笑えた...。頑張って!←?

今考えるとヤフーオークションで激安入手できたんじゃない?って気が付いたけど、問い合わせ中のワタクシは担当さんの噛み噛みにすっかり判断力を掻き乱され?変換ジャックを直送してもらうよう、その場で注文しちゃいましたよ...。いやいや人のせいにしてはいけませんね...反省&オレ頑張って!←あほ

代金は郵便振り替えで発送はメール便だから1週間ぐらいかかるかな。ヘッドフォンを目の前にしてなかなか聴けません...。

ちなみにヘッドフォンはオーディオテクニカのATH-PRO6。HPを見るとこのヘッドフォンはDJ向けだそうで、当時なんでコレを選んだんだろう?...は、その時ヘッドフォンを選んだ、その時のワタクシにしか分からない...(汗)


July 03, 2009

プチ引っ越し【09AUDIOその他 その4】




前回はBeogram 5005が急遽退場し、ラックの天板に代わりに乗ったCDPのVRDS-7...は、どうにも大きくてごつくて下のDB-1Bを押しつぶしてしまいそうなイメージがつきまといます。←病気か

そこで天板にカワイイDB-1Bをちょこんと乗せて、ラックのポールを入れ替えて中段のスペースを大きく取りVRDS-7に来ていただきました。単に上下の入れ替え&根本的なバランス解決にならないけど、まいっか。と妥協。

音楽再生中は、SP奥の再生空間を見たり、頑張って再生しているオーディオ機器を見たり、雑誌をめくったり...視覚でもアレコレ楽しんでいますから見た目は大切なのです。

でもゆくゆくはこっちのラックには小振りでシンプルなCDPを入れたいなぁ。...今のところ候補は見つけられずにいますけど...その前に先立つものがないですよ!

ホントは?天板にトーレンスのコンパクトなターンテーブルTD150を置いて下にDB-1Bがあると超カワイイ組合せになるんじゃないか?いや天板にシンメトリックな真空管アンプなんて置いたらカッコイイかも〜とかとか妄想して喜んでいます。←病気だ