March 08, 2010

タイムスリップ【AUDIOベオコード5000】




カセットデッキBEOCORD 5000が登場以来、CDプレーヤー、チューナーの出番が激減している今日この頃。

特にチューナーは聴きたい番組がほとんどなく...流れる音楽は好みに合わず...DJさんのお喋りはBGMにならず...売り出し中の若手アーティスト?アイドル?の番組は聴くに堪えず...ああオイラも歳食ったなぁ...と、BEOCORD 5000登場との相乗効果もあって、TU-50電源投入の機会がすっかりなくなっております。いと虚し。

加えて先週から音楽を聴けるのは深夜の数時間のみに激減。手元にある懐メロ・カセットテープから毎日1〜2本ピックアップして順繰り楽しむ程度。

そんな中、タイトル未記入のカセットを1本「これなんだっけ?」と何気なくかけてみたら、ひっくり返りました。なんと行方不明と思っていたスペイン旅行の音が入ったカセットでした。「これだったのか〜〜!」嬉しくってそのまま再生続行。スピーカーの奥から聴こえる懐かしの音達と共に、懐かしの風景が脳内に!...の期待とは裏腹に

「はて...この音なんだっけ?」「これってどこの音だ?」「聴いた(録音した)憶えないんですけど...」

とかとか、もうコテンパンにほとんどの記憶が消えてしまっていて、愕然としましたよ(汗) ....旅行から12年の歳月...トリ頭のワタクシには長すぎたのですね...とほほ。

それでもいくつかハッキリと場面を思い出す音もあって、懐かしさもひとしお。とりわけ衝撃的?だったのは、録音したことすら完全に忘れていた国際電話の通話音。

ポロロロ....ポロロロ...カチッ...「もしもし○○です。ただいま出掛けておりま...」

驚きのあまり仕事していた手が...だけでなく呼吸が止まり...いや息を呑みました。これって12年前の奥さんの留守電の声。うわ〜〜っ!と鳥肌たちつつ当時にタイムスリップ。国際電話をしたときの事だけでなく、その他諸々の記憶が一気にドーン!と溢れ出すこの感じにすごくドキドキして、何度か巻き戻して聞き返してしまいましたよ。いやぁまいった。

...この時小さな子どもがいたりして、その声が入っていたら、感激のあまりオシッコちびっちゃうかも...。

で、これをきっかけに、さっき聴いたとき思い出せなかった他の場面の記憶が突然蘇ってきたりしてね。記憶って消えたと思っても、実は脳味噌の何処かに眠っているんだよなぁ。なんて思ったりもしました。

他にも同行者と待ち合わせした時の声にも感激。懐かしいなぁ。一番記憶に残っていた教会での音楽リハーサルの様子はやっぱり素敵だったし、あとは大道芸やストリートミュージシャンの演奏や、バルセロナ一の市場(名前忘れた)でいつも演奏しているおじさんの音楽とか...。このおじさん、数曲ごとに場所を移動しながら市場の中をグルグル演奏して歩くんです。当時でもういいお歳だったけど、今も元気に演奏しているといいなぁ...。

鉄道の車内アナウンスや雑踏の音など具体音だけでなく「音楽」がたくさん入っていました。香港の音記録に比べると、さすがヨーロッパ?日常の中に、スピーカーから流れるのでなく、実際に演奏してされている音楽がたくさんある。これって素晴らしいことと思います。

音質は相当悪いので、人に聴かせられるようなモノではありませんが、旅行した当人としてはあまり気になりません。とにかく大事な大事な宝物が出てきてくれてBEOCORD 5000落札してよかったな♪

March 01, 2010

BGMはカセットテープで【AUDIOベオコード5000】




つい先日ヤフーオークションで落としたB&Oのカセットデッキ「BEOCORD 5000」の動作不良ジャンク品。...ワタクシが落とすんですから当然激安(涙)

『実家で電源が入らないまま惰眠をむさぼっている、同じくBEOCORD 5000とコレでニコイチ復活だ〜!作戦』のつもりで入手しました。

届いて動作確認したところ、説明通り操作部がオートで開閉しない。そしてテープを回す...何て言うんだろう?...2つ飛び出した、カセットテープに刺さる部品の一方が確かに動かない=テープが回らない。

ところが、いろいろ弄くっているうちにこの不動部品が何かの拍子に動きだした!(笑) どうやらテープに刺さる部分がテープ装着時に微妙にずれやすく、ずれてしまうと中で空回りしてしまう様子。これをずらさないように注意してテープを装着すれば問題なく稼動することが分かったのですよ。これでアンプに接続して音が出れば大ラッキー♪

実家からヤマハメイトで延々4時間、RCAプラグに変換するケーブルを持ち帰りAura VA80SEにそわそわどきどきと接続。置き場がないのでカリプソの下敷きにして設置(汗)...上の画像がなんだか分かりにくいのはそのせい...、恐る恐るスタートボタンを押せば...出ました!出ました♪

30余年前、妹からぶんどったモジュラーステレオで、レンタルレコードからテープにダビングした懐かしの音達を、今BGMにして楽しんでいます。モゴモゴとハッキリしないこもったような音なんだけど、これもまた懐かしさに拍車をかけるようで、イイ感じ。

BEOCORD 5000はオートリバースでないため、いささか不便ではありますが、QUEENだとかU2、ペンギンカフェオーケストラ、一風堂、ビートルズ...これも実家から適当に持ち帰ったテープを取っ替え引っ替え楽しいな、と。

唯一残念なのは、カリプソやAuraのピカピカクローム仕様とB&Oのハイテックなアルミヘアライン仕様とが水と油のように見た目の相性が悪いこと。まぁコレには目をつむって聴きましょう。って、そしたら仕事になりません(汗)



当時、国産のメカメカしいカセットデッキの意匠が嫌で嫌で、メカっぽくないデッキは知る限りこれだけ。...AKAIのカバータイプはなかなか好きだったけど、やっぱり家電っぽさは残っていた...。秋葉原のヤマギワだったか、大枚はたいてベオコード5000を買ったんだよなー。なんて思い出してしまいました。...ルボックスのデッキはメカメカしいのに、めちゃくちゃ格好良かったな。...いろいろ走馬燈(笑)



部屋にやって来た長女がカセットテープを見て一言「コレ何?」「その中に音楽が入っているんだよ」「へー!」...すごくすごく不思議そうでした(笑)

November 23, 2007

Beocord 5000と宝物【AUDIOベオコード5000】


仕事がはかどらないので気分転換...。

実家のオーディオシステムで不動機がまだ1台残っている。B&OのカセットデッキBeocord 5000だ。不動...症状は電源が入らない。長期放置で露出基盤?部分にホコリが溜まりショートしているのか?単に電源が死んでいるのか?はたまた以前のパワーアンプと同じくヒューズが飛んでいるのか?

自分でできることはヒューズ交換ぐらい。ダメ元でケースを開いてみたがヒューズはあるものの切れていない。これでお手上げ...ケース(上蓋)を元に戻しておいた。今回初めてケースを外して内部を見たわけだが、小さなパーツがぎっしり詰まっていて、コードの取り回しや各部の組み付けには細やかな神経が使われていてずいぶん手間も掛かっている。コスト度外視はオーバーかもしれないが、外観のシンプルさとはうって変わった内部の凝縮度。このギャップにB&Oの気合い?が感じられてちょっと感動してしまった。



当時ボタンだらけの国内メーカーカセットデッキは意地でも使いたくなくて(デッキだけでなくオーディオ機器全般だけど)、でもデッキは欲しい。で仕方なく大枚はたいて購入したのはBeocord 5000、購入は秋葉原のヤマギワからだった。このヤマギワは最近?無くなったそうで残念。オーディオ趣味まっしぐらの当時は世界のハイエンド機に触れられるありがた〜い場所だったのにな。そう言えば購入後数年はB&Oからクリスマスカードやきれいなカタログが無料で送られてきて、うれしかった。って実は?今年、突然そのB&Oからインフォメーションカードが送られてきて、あまりのタイミングの良さ?に驚いた。

この半年、寝かせてたレコードやCDを聴き進むウチ、次第に欲は深まり?いよいよ寝かせてあるカセットテープ音源もそろそろ聴きたいなと思い始めたのが、Beocord 5000の蓋を開けたきっかけ。が、だめだった...。20年前、CD普及前のマイナーシーンではカセットでしかリリースされていない作品なんてもの少なからずあって、懐かしんでみたかったのだが。それと自分が録音した宝物もあって、今回これが一番聴きたかった。

宝物のカセットテープ...独身時代にハマった海外旅行。旅行先で適当に録音して歩いた自然音?達。安い録音ウオークマンを腰にぶら下げ、香港だのスペインだの、街中を歩き回りながら気が向けばRECボタンをオン。香港の横断歩道青信号の音、地下鉄のアナウンス、夜店や雑踏の音、香港返還の瞬間重慶マンションの屋上から見た花火の音、バルセロナの教会の鐘の音、etc...一種のフィールドレコーディングになるのだろうか?コソコソ録音しているので音の終わりにガサゴソRECボタンをまさぐる雑音が入るのが玉に瑕、だけど。

白眉は何気なく入ったスペインの小さな教会で行われていた(たぶん)近々行われる結婚式の賛美歌?練習の様子。新郎新婦のご近所さんだったり友人だったりなのだろう、普段着のおばちゃん、お姉ちゃんたちが和気あいあいと練習を続ける。その脇では子ども達が戯れ、その声が教会の中に木霊する...当然全くの部外者、通りがかりの異邦人ながら、追い出されることもなく時間を忘れて見学させてもらっちゃった...思い出深い記憶の一つ。

帰国し、テープを再生するとスピーカー間に現れる音と同時に、恐ろしいほど鮮明にそのときの映像?が脳内に再現される。この感覚はホント鳥肌もので、聴き続けるウチ身体ごとだぁーー!!っとその音の現場に連れて行かれちゃうような錯覚、トリップ感。いや、ワタクシはクスリはやってませんよ、念のため(笑) 初めてこれを経験したとき、旅行写真で振り返る記憶とはリアリティが全く違うことにもの凄く驚いたものだった。音の威力?を思い知った瞬間だった。



と10年が過ぎて、自分の中でずいぶん大げさな感動になっちゃっているのかもしれないかも。とにかく10年後、あの時のあの音達がオーディオで再生したときにどう聴こえるのか?にとても興味があったのだが...。

単純に先立つものの問題なのだが、いつか修理にこぎ着けたいものだ。