April 03, 2010

1号 オイル量調整とオイル交換【4DNオイル量調整】


ニュートラルが出ない症状をなんとかするべく、オイル量の調整...オイル量を少なくする作業を行いました。

SRV/ルネッサのニュートラルが出にくい症状の原因の一つとして知られる「オイル量が多い」ケース...クランクケース右下後方にあるオイル量確認窓にある上側のオイルレベルラインよりも上にオイルが入っているとニュートラルが出にくくなる症状です。...に1号も当てはまるのではないか?と思いまして実行です。窓を見ると油面が見えないほどたっぷりと入っていますし、もう藁にもすがる思い...。

オイル量調整方法としては、SGRさん、長野BS LTDさん、warabistさん、千葉さんがそれぞれコメントをくれました。...ありがとうございました!

SGR案
オイルフィルターカバーを開けてオイルフィルターを外した状態で
セルを回すとオイル穴からオイルが出てくるのでこれを利用する方法
warabistさんがこの方法でオイルを抜き取ったそうです

長野BS LTD案
注射器と細いホースを用意しオイル注ぎ口からホースを差し込み
注射器でオイルを抜き取る方法

千葉案
クランクケース左側下にある六角ボルト...
これを緩めてオイルを抜き取る方法

以上3案。

追記:しげしげさんはホームセンターで購入したスポイトで抜いているそうで、これも自分で確認できましたら、ここに書き加える予定です。しげしげさん、情報ありがとうございました。

さて...ワタクシ、まずは一番簡単そうな千葉案にチャレンジしました。んが、案の定、このボルトはガッツリ固着して外れませんでした。...頑張りすぎて六角穴を少しなめてしまった(汗)...実は?遠い以前に一度回そうとしてやはり同じ結果に終わった経験有りなのでした(笑)

次!注射器とホースの長野BS LTD案。どちらも手元にあったもののオイル注入口からホースを差し込んで...ホースが太くてオイルレベルまで届かず断念...かなり細いホースが必要のようです。

さぁ最後の砦!一番面倒な?方法なので最後に残しておきました(汗) フィルターカバーを外し、フィルターを外し、その下にオイル受けを設置。続いてプラグキャップを外しエンジン始動しないようにしておいて、おもむろにセルボタンをオン。セルの「キュキュキュキュキュキュ...」音と同時にオイル通路の穴からモリモリモリっとオイルが湧きだしてきました!(画像参照)


矢印の先にはオイル通路の穴があって
そこからオイルが湧き出てきます

この様子がけっこう不思議な感じ(笑) オイルレベルを確認しつつ、適正量になるまで何度かセルを回しました。およそ400km走ったオイルは真っ黒ではなかったものの、キラキラした金属粉がたくさん混じっておりました。OH後だからこれが普通なのか?

適正量にするのに150ccほど抜いたかも。これだけ抜くのに、何度も長めのクランキングが必要で、これはかなりセルとバッテリーに負担をかけていると思われました。セルの為にはあまり頻繁に使いたくない方法かも。

...結果的に全ての方法にチャレンジしてしまいました(笑)

で、1号の場合は残念ながらオイル量調整がニュートラルの出やすさに繋がりませんでした...。次はシャコタン☆カブさんがアドバイスくれたクラッチレバー&ホルダーのガタツキ&摩耗をチェックしましょう。...ライコランドには同じレバー&ホルダーが在庫無しで残念でしたが。レバーは予備があるので、摩耗していたら...って実はタイコ部分が摩耗しているのは以前から確認済みだったりして(汗)...レバーを交換してみましょう。

その日の夕方、ライコランドで買ってきたエフェロ・プレミアムにオイル交換。オイルフィルターも同時交換。オイルフィルターはデイトナの「スーパーオイルフィルター(品番:12184)」DS1100/DS400/SR400用で1150円也。

交換後ニュートラの確認をしたくてほんのちょっぴり試走したところ!...ニュートラは相変わらず出ません...だがしかし!まぁなんとエンジンが軽やかに回ることか!?大袈裟でなくハッキリ違いが体感できました。エンジンフィールの好転にビックリしましたよ。

スポーツとプレミアム...こうも違うものだろうか?交換直後だけのことかもしれないけど、とにかく気持ちよく回って感激でした。...ただ...今回のオイル交換は4L缶に残っていた1Lをまず入れて、不足分をこの日買ってきたオイルを入れました。同じエフェロ・プレミアムなのにな〜んか最初に入れた方がオイル粘度が硬めって言うのかな?後から入れた方が粘度が若干低めに感じたのは気のせいだろうか?...今後も1号にはプレミアムでいきましょう。

オイル&フィルター交換:48,898km時




余談:キジマのオイルフィルターカバー(左)とノーマルカバー(右)
てっきりキジマのはノーマルを型取りしたのかと思っていたのですが
見比べるとまったく別物でした
砂型かなにかで形をオリジナルで起こしていますね
キジマのはノーマルに比べ全体に肉厚で...だから何度も転倒して削れても
オイル漏れしなかったのだな...と変に納得しました