June 27, 2011

PRO-JECT 1.2 針圧調整【PRO−JECT1.2のこと2】



オーディオご無沙汰

このところ暑くって副業から帰宅するとヘロヘロ...アンプの電源すら入れていませんでした。アナログレコード再生に至っては何カ月ぶりだったかな?お正月以来かも?ってぐらいご無沙汰まみれになっておりました。

で、本日日曜午前中。峠を二つ越えて最寄りの大型書店目指して1号で。ところが峠に続く道に入ったら霧雨サラサラ...あえなく撤収...でもそのまま帰るのも悔しいので30号で犬目宿往復して帰宅。直売所にはジャガイモのみ...これまた悔しいので?一袋買いました。

昼になっても気温は上がらず、これ幸い。久しぶりにレコードプレーヤーに掛かっていた埃よけの布と、ダストカバーを取りまして、とりあえずスイッチオンすると何事もなかったように(当たり前かもしれないけど)、プラッターが静かに回り始めました。この健気な姿を目の当たりにしてしまったらもう後には退けません?

前回の実家行きで持ち帰った懐かしの電子針圧計...テクニクス SH-50P1を引っ張り出して、針圧の正確な調整を行います。結果、アームの針圧調整ウエイトの数値はほぼ正確と判明。ウエイトの目盛が1.9gで、SH-50Pの数値は1.8gでしたから個人的には十分誤差範囲内で、ほっ。

なんですが...使用中のカートリッジ、SHURE M44GXの推奨針圧は0.75〜1.5g。しかし、ワタクシの聴感で行き着いた針圧は1.9g...なので、この時は「こりゃ針圧ウエイトの誤差が大きくて実際には1.5gぐらいじゃないのかなぁ?だったらいいなぁ、精神衛生上...」みたいな期待は外れました...。

念のため再度針圧1や1.5で聴くと、やはりダメ...ヴォーカルの「サ行」がシャラシャラして耐えられません。それどころか、前より重く2.0になってしまいましたよ、おっかさん。「レコードの溝が傷つかないといいなぁ、でも、この針圧が気持ちいいしなぁ...複雑〜〜」てなジレンマ気分。


Technics SH-50P1
保証書を見ると1983年製...28年前なんですね...
いまだ現役

とにかく。アナログレコードならではの密度感のある音?は相変わらず素敵。レコードを次々に...聴き始めると次女がコソッとやって来ては「お父さんあそぼ〜...トランプしよう...」と...何度中段したことか(笑) でもでも、「お父さん、お父さん」って言ってくれるの今ぐらいだもんね。この時間を大切にね、と自分に言い聞かせ〜〜...。

そして夜11時、これを書きながらようやくゆっくりレコード鑑賞...なんですが...夜は夜で音量少々上げると、怨霊...じゃなくて...奥さん...に「下に聞こえるよ!」と怒られるので、ビクビクしんみりと...仕方ありません。とかとか聴き進むうちに、レコード針(ダンパー?)がこなれてきたのか雰囲気感が向上。小さな幸せ♪

さて、本日のお気に入りは、先月PayPalで海外通販したthe innosence missionの「we walked in song('07年作)」アナログ盤。ようやく聴きましたよ。期待以上に気持ちよくって大当たりでした。他のも欲しくなります。


かわいいレーベルデザイン
ジャケットも素敵(CDとはジャケ違い)


December 02, 2010

PRO-JECT 1.2再調整【PRO−JECT1.2のこと1】


今日は副業の平日休み。子ども達を学校に送り届け、遅めの朝食後、本業を始める前にレコードプレーヤー...PRO-JECT 1.2の再調整を行いました。...自分の部屋では狭くて作業しにくいため、1階の部屋で窓越しに暖かな日差しを浴びながらのびのびと調整...した後、人外魔境と化した自室に戻してもう一度微調整してから音楽鑑賞です♪(汗)


電源スイッチすら無い極めてシンプルな造形
ダストカバーの真ん中に小さなロゴプレートがつくのみで
本体には型番すらプリントされていない潔さ
ボディはMDF材を半艶黒塗装したものでリジットな構造
スタティックバランス型のアームもシンプルで美しいと思います
標準で透明なプラスチックダストカバーがつきますが
これがあると異様に?しょぼく見えるので
取り付けステーもろとも外しました


PRO-JECT 1.2はオーストリアのオーディオメーカー
「PRO-JECT AUDIO SYSTEMS」の最もベーシックな?プレーヤーで
このタイプは1995年前後に発売されていたようす
当時の輸入元は株式会社パイオニア・インターナショナル
その後オルトフォンジャパンを経て現在は完実電気株式会社が
Debut III(72,450円)」として扱っています(若干仕様変更あり)
輸入元は株式会社ナスペック


プラッター(ターンテーブル)を外すと
隠れていた回転系が顔を出します
33 1/3と45回転の変更はベルトの掛け替えで行います
回転速度の微調整は見た感じではできないようです


アルミ合金のプラッターは見かけ以上に重く戸惑うほどです
裏返すとバランス取りの穴がたくさんありました
フェルト製のターンテーブルシートは
オリジナルでなく社外品とのこと
...これはちょっと変えてみたい気分♪


モーター部のクローズアップ
モーターの振動をプラッターや本体に伝えないため
ゴムでフローティングしてありました
...このゴムも変えておいたほうがいいかな?
サブプラッター(サブターンテーブル)は樹脂製


付属のオーバーハングスケールは
本来付属のものとは異なっているようです
これはシーソー式の簡易針圧計も兼ねるアイデアパーツ
カートリッジはシュアーのM44GXがついてきました
ちなみに取扱説明書は簡易なもので
このレベルのプレーヤーのユーザーとなるだろう
アナログ初心者が正しくセッティング...
特にアームまわり...できるのか心配になります
またアーム/シェル一体型なのでカートリッジ交換は気軽とはいきません
でも実家に眠っているMMカートリッジも試してみたいなっと♪


とってもシンプルなトーンアーム可動部
カウンターウエイトでゼロバランスを取ってから
目盛のあるリングのみをゼロ位置にして
ウエイトを回して針圧を加えます
使った感じこの目盛はあまり信用ならない印象
...まぁワタクシ自身も信用なりませんが(汗)


アーム付け根を後方から見たところ
有り難いことにアームの高さ調整が可能でした
二つのイモネジを緩めればアーム全体が上下します
画像では精密ドライバーで一方のネジを回しています
これでバーチカルアングル調整が行えます


本体左手前下側に隠れるON/OFFスイッチ
慣れるととても使い勝手がよく気に入っています
スイッチ奥の円筒がインシュレーター
インシュレーターは本体に柔らかめのラバーを
介して取り付けられているようです

1階の部屋では全体を軽く掃除してからオーバーハングチェックやバーチカルアングル調整を行い...ホントはこれも自室で音出ししながらが正しいのでしょうけど現状無理...自室に戻し本体の水平出し。水準器がないのでフェルトシートを外したプラッターの上にパチンコ玉を置き、静止するよう調整しました。インシュレーターには高さ調整が無いようで、インシュ下に薄板を挟み対応。...オーバーハング調整はシェル一体型アームなので緊張しました。

そして、再びレコード再生しつつ針圧調整を行い...推奨針圧の最大値1.5gより重くなってしまうのがちと心配...アームの目盛では2g近くになってしまう...。最後にインサイドフォースキャンセラー...は1gの位置に。

と、あれこれ手間が掛かりましたが、その甲斐あって?なかなか気持ちよく聴けています♪...再生は片面ごとにクリーナーでホコリを取って...と、これまた手間な作業も不思議と苦にならず、結局今日1日CDには手が伸びることなく、手持ちの少ないアナログレコードのみで過ごしてしまいました。こう気持ち良いとなるといろいろレコードが欲しくなります。そうそうスタイラスクリーナーも用意したいところ。

ああ楽しい(笑)