October 18, 2012

スンヂロ号整備 その2【SUNDIRO Mantis その4】


日々通勤の足として活躍中のスンヂロ君、初めてスンヂロ君を試乗したときの真っ直ぐ走らない感/フラフラ感がウソのよう。元気一杯フラつかずに走ってます。...要は慣れなんだなぁ、と。で、昨年11月にうちに来てからの走行距離が1000kmを越えました。...そろそろ1年。

そんなスンヂロ君で、先日「もう少し倒せるかな?」と小さな交差点を左折したらリアからスリップダウンで転倒...左側に少々傷が...。その拍子なのか、テールランプが切れた?とにかく点灯しなくなりました。夜が早い昨今、これはまずい、おまわりさんに怒られる...。

現在「目指せ人生初のゴールド免許!運動」邁進中なのでここで汚点を作るわけにはいきません。

ビニールテープグルグル巻きにて固定されているテールランプ周りを、一念奮起して解体。見ればやはり球切れで、規格は12V18/5W。恐る恐るご近所のバイク屋さんに確認すれば12V18/4Wの在庫ありとのことで、1W違いはまぁきっと無問題、購入、そして交換。再びビニーループでグルグル...めでたくテールランプ復活。

ついでに、亀裂が広がり続けるシートレザーの補修も行いました。補修と言っても、市販のバイクシートレザー補修用シートを亀裂サイズに合わせてチョキチョキ切って貼っておしまい。この先広がりそうな部分も転ばぬ先の杖とフォローしたらツギハギ感満点!...シートレザーの模様?も違うし...。

しかし、補修シートの材質自体は悪くなくて以前のツルツル滑る感は消え、ホールド感大幅アップ♪ こりゃコーナーでさらに倒せるかも!?...って冗談です。用心して走ってます。


ヒビヒビ〜


ツギハギ〜〜

もう一つ。固定の出っ張りが削れて?ハイビームより上向きになってしまっていたヘッドライト。真っ暗な山道など、路面を照らさずに、頭上5mぐらいの高さを照らし出して「オレはフクロウ探してるんじゃない〜〜!」なんて脳内で叫んでみたり...いや、実際、近所にフクロウいるんですけどね。たまーに「ホーホー」鳴き声が聞こえます(汗)

幸いこれはワッシャーを数枚使ってあっけなく解決。ホッ。最近寒くなってきて、空気密度?が上がってきたのか、そこそこ調子が上がってる感じ。近距離に限りますが、走ってるのが素朴に楽しいスンヂロ君でした。



9月10月は学校の行事や集落の役員の仕事、そして本業副業入り乱れ、毎日ブログ書く気力が残らない。今月も半ばにようやくこの更新...。スンヂロ君整備のあと、1号で周遊に行ったらmucchiさん&Tの字さんにお会いしたりもあるんですが、なかなか。8月のツルリングのレポなんて書けずに終わっちゃいそうだし(汗)

28日のカレーオフはとにかく空けてあるんで楽しみです。晴れますように!


April 11, 2012

スンヂロ復活〜♪【SUNDIRO Mantis その3】




3月31日。謎のエンジンストール症状で休眠中だったスンヂロくんが復活!...結局他力本願で...(汗) 症状は...アイドリングはOKで、しかしアクセルを開けてゆくとボボボボ....ストン...とエンスト。

ワタクシの症状報告から、当初メインジェットが脱落しちゃっているのかも?でしたが、いろいろやり取りするうちに「違うかも、でもなんでしょうね?」と。とにかくキャブを開けて...が、キャブを外せずあっけなく頓挫、そして放置...が一ヶ月...。

31日、1日と連休になったのを幸い、31日にチマメッタさんに出張整備をお願いすると快くOKいただき、おかげさまで無事復活と相成りました。

トラブルの原因は、キャブの中に水が進入し、ガソリンやらオイルやらと合体、キャブ内の微細な通路や各種ジェット類の穴なんかを塞いだりしてたからだったみたい。

そう言えばエアクリーナーボックスとキャブを繋ぐインシュレーター?のゴムに大きな亀裂ができており、そうとは知らずに雪中通勤を続けていたから、その亀裂から盛大に水分を吸い込んでいたのだろう。

そのふん詰まりキャブ掃除にはChanchさんから以前譲っていただいたエアコンプレッサーが大活躍。エアを吹き込んだり、細い針金でグリグリして各通路が無事に開通し、元の調子を取り戻してくれました。

チマメッタさんの作業を見るにつけ、こりゃぁ、ワタクシが仮にキャブを外せたとしても、修理そのものは無理だったかも、いや、無理でした...な感想でした。

キャブ掃除中に予報通り雨がパラパラ降りだして、キャブを組み終えてさぁタイヤ交換!のタイミングで大雨に。急遽1号を軒下から追い出して、スンヂロと入れ替え、軒下タイヤ交換。ここでもコンプレッサー大活躍。Chanchさん、改めてありがとうございました!

この日つくづく感心したのは、キャブ掃除しかりタイヤ交換しかり、何しろチマメッタさんの手際の良さ、作業スピードの早さには驚かされっぱなしでした。さすがプロだなぁ、と。

と言うことで、無事スンヂロは復調しニコニコ。スンヂロと1号を気分で通勤の足に使い分けて1週間。短距離ならやっぱスンヂロはいいな。と、今朝通勤途中に突然のエンスト...。通学中の小学生達の好奇の視線を浴びながらキックを続けるも反応無し。

ひょっとして...ガソリンキャップを外して見ると...ああああ、ガス欠でした。スンヂロには燃料警告灯があって、今まで機能していたのですが、今回は点灯しなかった様子...。警告灯復活するかなぁ...とにかく今後ガソリン残量チェックを欠かさないようにしましょう。


February 13, 2012

スンヂロ整備【SUNDIRO Mantis その2】



雪の日も...


そしてまた雪の日も...(涙)

時折調子が悪くなったり信号待ちでエンストしたりしながらも健気に通勤の足として活躍中。スンヂロ登場以前は雨の日、雪の日、大雨の翌日などは汚れた1号の掃除が嫌で、職場まで2kmをトボトボ歩いておりましたが、今では天候に関係なくビィ〜〜ンっと往復。どれだけ助かっていることか。

ひろしま自分史?においての大きな転換点として「スンヂロ以前、スンヂロ以後」と大きく記されること間違いなし、です。←イミフメイ

しかしながら全てが万端とはいかず、6年物のタイヤはすっかり硬貨&ひび割れしており、なかなかにデンジャラスな挙動を示すものの...なんとか実用中。ですが先日の雪の日に、景色に見とれて脇見した刹那凍結に乗ってコテン。と、一回だけ転けました。微速だったので被害は軽微で済んで不幸中の幸い。

タイヤ交換は自分じゃできないけど、エンストの対策はチマメッタさんにアドバイスをいただきDIY対処です。先月29日と今日(昨日)2月12日2回に分けて作業。

29日はエンストの最大原因、チョークワイヤーが外れる症状の対策。タイラップを組み合わせてワイヤーをキャブ側に引っ張り、なんとなく解決。この時見たエアクリーナースポンジは崩壊してボロボロ。エアクリーナーボックスの中には半分しかスポンジが残っておらず、もう半分はどこへ行ったのか?(笑)

それとプラグをチェック。BPR6HSの電極は、よく走っていたなぁって程のずぶ濡れ...手元にあったBP7HSでひとまず代用。崩壊したエアクリスポンジは取り除いて、エアクリ無しに冷え型プラグという反則状態で半月しのぎました。


キャブへアクセスのため
エンジン周りの外装を初めて外しました
初スクーターなので「外装を外す」って作業が
やたら新鮮&違和感

昨日ライコランドで汎用エアクリスポンジとプラグを購入。本日エアクリの型取りをして汎用スポンジから切り出し装着。そしてプラグを正しい型番に。ついで2stオイル(安いスズキの)を補充。仕上げに始めてのワックス掛け。ちょっぴりキレイになりました。


エアクリーナー用スポンジの切り出し
キタコの「エアエレメント(補修用/1029円也)」を利用

続いて試乗がてらお買い物にGO。これで調子が悪かったら吸い込まれたであろう崩壊スポンジがキャブでイタズラしてるかも、なのでキャブ掃除だなぁ...は、とりあえずしないで済みました。

結果、信号待ちでのエンスト症状は鎮火。また、30km/hあたりから上でトルク感が頼りなかったのが解消。40km/h以上での巡航がスムーズになりました。こうなると、う〜〜ん愛着2割り増し、な気分。よかったよかった。

走行距離:1491km...うちに来てから約400km走行


November 28, 2011

通勤バイク・スンヂロ号登場【SUNDIRO Mantis その1】




一昨日、早朝通勤中に1号で転けました。路面の霜に乗ったようです。もちろん攻めたりなんかしてませんでした。と言うことで1号はチマメッタさんの所に再入院中。ワタクシは未だかつて無い落ち込み中...。

1号の代わりに?やって来たのは「SUNDIRO Mantis II XDZ50QT-J」なる謎の中華スクーター。サブクラフトさんのところに眠っていたコレをタダでイイからもらって、とチマメッタさんが仲介&整備...と言うかレストアしてくださって、近々やって来ることになっていました。

が、来る前に1号が使えなくなり、特急登録で、1号転倒翌日に納車されたのでした。ようこそスンヂロくん!...スンヂロはチマメッタさんがつけたニックネームで、正しくはメーカー名サンディーロ?スンディーロ?で、車名がマンティスII...マンティスは「カマキリ/蟷螂」...で型番?がXDZ50QT-J...みたい。



日曜、そのスンヂロくんに跨りご近所大冒険...じゃなくて買い物してきました。これがまた新鮮で楽しくて、しばし1号入院の落ち込みから逃避。やっぱり小さいバイク1台あると愉快愉快。...部品供給は期待できないので、いつまで乗れるかわかりませんが、とりあえず自賠責に2年入りました。頑張ってスンヂロくん!